スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014J1第2節 鹿島×仙台

鹿島 2-0 仙台


宮城出身・鹿島MF遠藤の2得点に沈む。
仙台は攻撃のスピード感を欠く。


開幕で新潟に敗戦のアーニーベガルタ。
負傷した角田に代わって中盤を務めるのはDF鎌田。
昨年序盤に引き続きのスクランブル体制。
5日の日×新代表戦に出場したマグリンチィは、ベンチスタート。
代わりはキャンプで好調だった武藤が左サイド。

鹿島は昨年~今年で一気にスタメンが若返った。
DFに昌子・伊東、MF柴崎はもとより土居・豊川と、
高・ユース卒から数年で名門鹿島のスタメンを飾っている。


試合は鹿島が支配する展開。
後方からのボールを扱う技術、前線ではダヴィの力強いポストプレー。
守備では中盤からのプレッシングで、仙台のミスを誘う。
仙台を前半の半ばまでシュート0に抑えた。

仙台は初戦に続き、攻撃が形にならない。
1トップのウイルソンには常にマークが付きまとい、
得意の前を向いてのドリブルの機会を得ることが出来ない。

DFとしてはパス出しに期待できる鎌田だが、
周りの動き出しのなさからかバックパスを量産。
結果として攻撃にスピード感・迫力が薄れてしまった。

鹿島ペースのまま進んだ前半30分、ダヴィの抜け出しから失点。
鹿島右サイドで遠藤のパスで抜けだしたダヴィ。
豊川が中央からニアサイドに仙台DFを引っ張り、
逆に遠藤が右サイドから斜めに中央へ侵入。
ダヴィのグラウンダーパスは豊川がスルーして遠藤の足元へピタリ。
遠藤は冷静なトラップでGK関の逆を付いた。

失点後もイマイチ盛り上がる攻撃を繰り出せない仙台。
前半唯一といえるチャンスは、跳ね返されたクロスをただ裏へ放り込んだボール。
ウイルソンが絶妙のトラップで収めるも、左足シュートは曽ヶ端にセーブされた。


仙台は追いかける後半。
鹿島はギアを下げてカウンターに徹する。
仙台からすればプレスは緩くなったため、後方~中盤の底ではボールを持つことができる展開。
しかし前半同様、前線への縦パスが出ない!出さない!下げる!
鹿島の我慢に仙台も付き合ってしまっているのか、
ダイナミックな攻め合いはお互いに見ることが出来ない。

後半26分、ついに仙台ベンチが重い腰を上げる。
太田に代えてマグリンチィを投入、右サイドへ。
これが結果として効果的な交代となった。
マグリンチィは代表戦の疲れも見せず、
もらう動き、もらってもえぐる動きで鹿島DFを混乱させる。
右に負けじと左サイドも活性化。
前半以上に武藤がフェイントを織り交ぜて切り込む。

空気が変わったと見るや、富田に代えて赤嶺を入れ、2トップに変更。
梁が中盤の底で両サイドに配給することで、
鹿島DFをさらに押し下げ、仙台のイケイケペースに。
惜しむらくはクロスの精度とエリア内の人数。
クロスは上がれどエリア内でシュートを撃てない。

じりじりと時間は過ぎていき、ロングキックの展開も増える。
広大を前線に上げ、菅井は得点の匂いを嗅ぎとってウィングのような位置へ。
しかし試合巧者鹿島はこの展開を待っていた。

後半45分、仙台DFの数が揃わないことを見るや、鹿島はロングキックを左サイドのダヴィへ。
石川とダヴィの追いかけっことなるが、石川のスライディングより一瞬早くダヴィが触れ、仙台右サイドを突破。
二見が遅れまいとコースを消すが、ダヴィは体ごと突破。
深い位置からファーサイドへクロス、ボールは中央の野沢を越えて、再び遠藤の元へ。
利き足ではない右足でのボレーシュートにGK関は体を当てることで精一杯。
仙台の息の根を止める2点目。勝負はここで決した。


鹿島は開幕戦に続き無失点。
ここぞの場面で失点を許さないのは鹿島イズムが若手にも浸透している証拠。
攻撃ではセットプレーのみでの4得点から、ダヴィ→遠藤へのクロスで2得点。
固め打ちですね…。


仙台は開幕に引き続き?攻撃に迫力を欠いた。
しかしマグリンチィ投入後の時間は見ていてワクワクする展開ともなった。
4-5-1で挑んだ開幕2戦、どちらも攻撃に課題を残しつつの2連敗。
長期政権からの監督交代は難しいとはいえ、まだチームとして色が決まっていないようです。
我慢してまだ見ていくのか、それとも…。


・ウイルソン
1トップが合わない、というより敵を背負ってのプレーが不得手か。
マークを背負ったままサイドに流れても、単独及び複数での突破に繋げられず。
見ていて窮屈そうですし、何より彼自身面白くなさそうなのが心配。
ぜひ前を向いて突進するような従来のプレーを見たいのですが…。


・梁
ウイルソンが下がる、またはサイドへ流れて空いたスペースへの侵入は、
オシムさんの言葉を使えば、オートマチックで良し。
ただし体格的に相手に勝るわけではない梁にその役目を単独でさせるのは不可思議。
後方からボールが来なくても我慢して下がらずにいたが、
結果として中盤の底からバックパスが増えた一因にも思える。
トップ下での板挟みよりも、サイドまたはパス出し役が合うような気も。

・マグリンチィ
20分の出場でもチームMVP、そう思わせるプレー。
開幕戦とは異なり、右サイドで途中出場。
停滞していた攻撃をまずはオフザボールの動きで活性化。
ボールを受けてはドリブルでカットイン・えぐってクロス。
終盤のチャンスのほとんどに絡んでいた。
見た目とプレー、どこかしら天敵:マルシオ・リシャルデスを思わせる。


次はホームでガンバ大阪戦。
ボールが持たれる展開と予想しますが、
今度こそは鋭く速い攻撃でカウンターを仕掛けてほしいところです。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

2014J1第1節 仙台×新潟

仙台 1-2 新潟

今年のJが開幕!、でしたがガス欠で開幕戦を落とす…。

前半は快調に守備→攻撃が機能。
ただ、攻撃を終わり切ることは少なく。
決めきれないでいるうちに角田のハンドからPKで失点。

追いかける後半、幸運な間接FKのこぼれから太田の右パスにエリア内の富田がボレー。
「うまく合わせたな」というシュートがファーに突き刺さって同点!

ただしそこから仙台がガス欠に陥る。
マグリンチィと太田が消え、ウイルソンがサイドに流れ始めたところで赤嶺投入。
4-4-2へのシステム変更後も流れは戻せず。

バイタルがスキマだらけになったところで更なる不運。
どこで痛めていたか、角田がふくらはぎ筋肉系の故障。
代役の武井は調整不足か動きが悪い。

決勝点は縦パスをははたかれたところからホージェル・ガウーショの突進→ミドル。
人を見るのか、スペースを見るのか、相手を誰が見るのか。
2年前どころか昨年もあまり見ることがなかったほどの守備の穴。

最後は攻めきることすらできず新潟に逃げ切られる。
ユアスタには新潟勝利のチャントが響きました。

ネガティブになってはいけない!
と自分に言い聞かせつつ、何人かの選手評。

・GK関
J1デビュー戦となったが問題ないプレー。
足元にも自信がありそうで、中距離のパスも前線に通していた。
失点はPKとスーパーミドルでしょうがないとはいえ、守備の修正にはコーチングが不可欠。

・DF二見
仙台において新人がJ1開幕スタメンは初。
攻撃面ではロングスローはもちろん、前半のマグリンチィとの連携からえぐったプレーは迫力十分。
守備面では複数回パスミスからカウンターを許すなど、まだまだこれからな感も。
蜂須賀のように我慢して育てていける年となるかはチーム次第か。

・MFマグリンチィ
万能型MF。相手にとって危険なパスは少なかったが、トラップ、ドリブルはさすが現役代表。
オフザボールの動きも良く、どんなチームでも活かせそうな選手。
とはいえ途中交代前は存在感が希薄に。
エリア内のドリブルシュートが決まっていれば…。

・MF角田
今年のキャプテン。
レオ・シルバとのバトルは見てるこちらも熱くさせます。
前半二見ロングスローから1点もののチャンスを逃したのは残念。
故障後だったのかもしれないが、バイタルエリアを自由にさせすぎた。
結果としてハンドと彼の不在が失点に絡んでしまった。

・FWウイルソン
絶対的エースFW。とはいえワントップシステムは彼を活かせるのか。
今日は珍しく前半のうちから冷静ではなかった。
中でポストプレーをにせよ、サイドから切れ込むにせよ、
彼の周りをフォローする選手が少なすぎるため、個人プレーから奪われる展開が多々。
見てるこっちは個人プレーですが、彼にとってはフォロー不足だったかも。
新潟がそれを狙っていたのかな。

・新潟FW川又
日本代表でのプレーも期待される選手。
新潟にとっては守備のセットプレーから味方と衝突?orジャンプの着地?で右膝を負傷して途中交代。
重症でないことを祈ります。マイケル・ジェームズも。

負傷者なしのキャンプから、第1節でキャプテンが負傷交代。
攻撃は攻めきれず、守備はガス欠からボロボロ。

とはいえシーズンはこれから。
あれがこうならいいのにな、それが現実になったころに結果が付いてくるかと思います。
付いてくるよね?頼むよアーニー。

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

J1第2節 川崎×仙台

川崎 1-2 仙台


3月11日の震災から1ヶ月半。

Jリーグのある日常がついに帰ってきた。


仙台はエースとして期待されたマルキーニョスが退団。

柳沢も怪我で長期離脱。

今日は赤嶺を中央に、
左右は太田と関口のスピードコンビ。

中盤はマックスが入るか高橋かというところだったが、
第1節である程度の動きを見せた高橋が選ばれた。


ピッチコンディションは雨のため非常にスリッピー。

雨も時間帯によってはどしゃぶり。

等々力の芝がキレイに整えられているため、
球足は非常に伸び、ボール扱いの技術が要求される。


試合は仙台が最初から飛ばしていく。

高い位置から早めのプレスをかけていき、
球足の速さもあってか川崎のミスを誘う。

ただ川崎の守備も集中を切らさずに、
決定的なチャンスを作れない。

いざというところでプレー精度が落ち、
攻撃的なパス回しを展開ができなかったのも原因だが。


今期の川崎は今までの「憲剛から縦へのスルーパス」のチームではなく、
細かいパスを丁寧に繋いで、チャンスを窺うチームに変貌。

序盤こそミスが多かったが、
徐々に両サイドからのパスワークとスピードを使った攻めが効いてくる。



我慢して守っていた仙台だが、前半37分に失点を喫する。

右サイド、登里から裏へのスルーパス、
鎌田が山瀬を放してしまいサイドを突破される。

山瀬は一気にクロスを上げるのではなく、
一度落ち着いてボールを持つと
冷静にマイナスのやさしいクロス。

最後は飛び込んできたDF田中の地をはうシュートが
林の股間を抜けてゴールイン。


先制された仙台、疲れが見えてくる展開だが、
前半はなんとか1点ビハインドで終了させた。


後半、仙台はいまいち攻撃がかみ合わない。

赤嶺までボールがなかなかわたらず、
わたっても選手間の距離が長くてボールを落ち着けられない。

やはりここぞのところでミスがある。

間違いなく負け試合で終わる展開だが、
最後まで気持ちだけは切らさない。


その気持ちがボールに伝わったか、
後半28分、左からこぼれて中央の赤嶺にボールが到達。
DFを背負いながら右に流し、
太田が走りこみながらシュート。
威力が足りないながらゴールに向かったボール、
DF横山がクリアし損ねると、
これがうまいことGK杉山の手先を越える。

ラッキー、だが気持ちで入れたと表現していいゴール。



ただこれで川崎も黙ってはいない。

怪我明けで長い時間こそ使えないが、
エース・ジュニーニョを送り出す。

山瀬が交代したことでやや勢いのなくなった前線の再活性化を狙う。


仙台はバイタルエリア付近からのシュートをことごとくブロック。

長い時間ボールを触らせてもらえない展開となるが、
体を張って失点だけは許さない。

川崎の攻めの時間が続くことで、
逆にカウンターのチャンスも出てくる。


そして87分、カウンターから中島が右に持ち出してファウルゲット。

梁が蹴ったボールに中央で鎌田がヘディングシュート。

右ポストに跳ね返ったボールはゴール内へ。


まさかの逆転。

8割方負けを覚悟していた試合がひっくり返った。



こうなればしっかり勝ち点3を得なければならない。

相手にボールを触らせない展開で逃げきる、"鹿島る"必要がある。

ベガルタの全員で守るのはたしかだが、
関口が特に気持ちを見せて勝ちを守ってくれた。

尽きないスタミナでボールを持って敵陣深くまで進入し、
足技で相手をいなして時間を稼ぐ。

あっという間に過ぎ去ったロスタイム。


東北に勇気を届ける結果、
少なくとも俺は勇気付けられました!



次節はホーム開幕となる浦和戦。

仙台にもJリーグが帰ってくる!




↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場

J1第1節 広島×仙台

広島 0-0 仙台


多くの選手補強で躍進が期待できる今期の仙台。

初戦はチャンスを決めきれずドロー。


仙台のスタメンは
GK林
DF菅井・・鎌田・朴
MF高橋・角田・関口・梁
FWマルキ・赤嶺

新加入の、角田、マルキがスタメン出場。



前半は広島に対し互角以上の展開

ファーストプレイこそ広島に攻められるものの、
中盤のプレスが機能し始めると徐々に仙台ペースに。

人に強い角田と、攻撃参加が得意の高橋で組む中盤の底が攻守に効いてる。

広島のパスサッカーが活きてくる前にボールを奪い、
攻めては高橋の縦パスをマルキと赤嶺が料理する。


残念だったのは審判の判定が一貫していなかったこと。

DFラインは繋ぐだけでなく一気に赤嶺を狙う場面もあるが、
主審はことごとく競り合いをファウルの判定。

だけでなくカードを頂戴してしまった黄嶺、
本気でのぶつかり合いは危険と、
体の使い方に若干?の心苦しさを感じていたようだ。


マルキーニョスは足元の技術の正確さと
献身的なチェックでチャンスをつくるが、
周りの選手との連携はいまいちか。

まだ個人でのプレーが目立っていた。



前半の決定的場面は2つ。


マルキが抜けだしてGKと1対1の場面。

後ろから来た広島DFを1人はかわすが
2人目で自分の足をひっかけてしまった。

GK西川が絶妙の飛び出しでボールキャッチ。


もうひとつは菅井の右からのクロス。

ファーサイドで赤嶺がヘディングシュートも、
GK西川が右手1本でのフィスティング。

CKに逃れられてしまった。


2トップがそれぞれ見せ場を作るも、
GK西川の好守にゴールを割れない。


前半半ばまで沈黙していた広島も、
徐々に仙台のプレスを突破し始める。

そうなると両サイドに開いたミキッチ・山岸。

特に広島右サイドのミキッチは細かいドリブルで翻弄。

関口との1対1を制し、
マイナス気味に上げたクロスの場面は前半で一番危ないシーンだった。


結果的にどちらにも入らない先制点。

J1の他会場もすべて同じく沈黙していたが…。



後半、まるで昨シーズンのように広島に攻められる

プレスに行くも、かわされて、最後はサイドで数的不利な状況に。

仙台も昨年同様、中央の強さでクロスを跳ね返し続けるも、
こぼれたところから撃たれるシュートはいつは枠に飛んできそうだ。


カウンターを狙う仙台、
昨年以上のスピードでもって抜け出しを狙う。

幸運なことに相手のパスミスが低い位置でたびたび起こり、
それを奪って攻める、という形も3度ほどあったが、
決定的場面までには繋げず。


梁と関口が埋もれたか、2トップにボールは渡るも、
仙台が誇るMF二人はあまり攻撃に絡めなかった。


決定的といえる場面はのヘッドで。

後半24分、GKが触れない絶妙なCKから、
のヘディングシュートは、不運にも広島・山岸に当たり、
ゴール右に外れてしまった。


両チームともゴール前での大きなミスがなく。

そのままお互いにゴールを得ることはならなかった。



仙台はチームとしてはなかなかの仕上がり。

ボランチの組み合わせ次第で
いろいろなカラーになりそうです。


新加入ではないけれど光っていたのは高橋。

昨年が嘘のようなプレーっぷり。

これはこのままスタメンを掴みそうだ。


逆にちょっと心配になったのは梁・関口。

周りの選手の技術が上がったことで、
この二人の技術がちょっと目立たなくなっただけか?



なんにせよ始まってしまった2011シーズン。

仙台の躍進を期待します。




↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場

ベガルタ、元韓国代表DF秉局を獲得

3日連続の更新なり。

調子上がってきたかな。


今日の歩数は、「2,413歩」でした。

仕事がデスクワーク中心だったのッ!


帰宅後、家族が録画してくれてたナマイキTVを視聴。

よし、本間ちゃんに褒められてる!w

役場職員劇団でもやりますか~?(←調子のってる



さて、前置き的な日記はさておき、

本日はベガルタに新加入する選手が発表されました。


城南一和  秉局 (チョ ビョングク)選手完全移籍加入のお知らせ


ストーブリーグ開幕からいち早く報道されていた選手。

エリゼウが退団濃厚(徳島へ?)ということで、
その後釜に韓国代表経験のあるストッパーを連れてきた。

おそらく数人いるであろう洪明甫2世のうちの一人。

なぜか日本代表との試合では、オウンゴールすることが多い。
(2003年永井雄一郎が決勝点決めたあれとか)


それでも韓国代表として11試合出場してるんだからいい選手なのでしょう。

きっとそうだ!



個人的に突っ込みたいところ~。

wikipedia見ると身長1.81m…。

仙台では朝イチで測ったんだね、きっとそうだ!



韓国メディアの報道だと「ベガルタでの年俸は5,000万円」とかあったけれど、
自国選手の価格を高く見積もる韓国だからのお値段ですよね!

高くても4,000万円切るくらいですよね!?

きっと、そうですよね…?



まあお値段なんてのはプレーみれば関係なし!

鎌田・広大コンビを脅かすどころか、
秉局が軸となって、誰がコンビを組むかってレベルじゃなきゃ困ります。




韓国側でも発表されたのかな?

下から2コマ目

愛された選手だというのがわかりますね。



なんにせよ、

ようこそ仙台へ!






2ちゃんソースですが、2011年の開幕戦はホームでガンバみたい。




↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。