スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第27節 仙台×富山

仙台 3-1 富山


ユアスタ復帰後の初勝利。

高い位置からのプレスで勝利をものにした。


今日のスタメンは平瀬・斉藤に代えて中原・千葉。

関口・菅井は負傷中だが強行出場。



試合開始直後、仙台の先制パンチが炸裂。

前半1分、右サイドに大きく開いた関口が柔らかいスルーパス。
菅井がゴールライン際で追いつき、マイナス気味のクロス。
富山DFがクリアミスしたところに梁、冷静なシュートで先制点。


そして前節からの変更点である、高い位置からのプレス。

中島・中原に続き、千葉が相手ボランチに厳しいマーク。

縦へ出されたパスには出足早く田村がつぶす、

序盤は仙台ペースで進むが、追加点を奪うところまではいけない。


そうしているちにカウンターから反撃一発。

前半34分、千葉が高い位置で囲まれてボールを奪われ、
広大が不用意に前へ飛び出されたところを外され、
エリゼウ対富山3人の状況に。
さすがのエリゼウ・林も3人相手ではどうしようもなく失点。


久しぶりの先制点も、前半のうちに追いつかれる苦しい展開。

前半の残りの時間は富山の攻撃にさらされつつもピンチまでいかず、

同じくチャンスを作れずに前半を終える。


後半開始から菅井に代えて一柳。

そしてその一柳がいきなり仕事をする。


後半6分、連続でCKを得る。
右からのCK,キッカーはもちろん梁。
ニアで中原が飛んだその影で、一柳が低いボールに頭で合わせる。
ヘディングシュートがゴールに突き刺さり、待っていた追加点が生まれる。


これで余裕ができた仙台。

攻め急ぐことなく、冷静なボール回しを見せるが、

繋いだときに限ってパスミスで攻撃を終えている感じも。


そして意外な形から意外な人のゴールが生まれる。

後半18分、梁が左サイドから上げたクロス。
それに対して富山DFがクリアミス、ボールはどフリーの千葉の元へ。
ゴール正面でボールを受けた千葉は左足でうまくミートしてゴール。


ここまで高い位置からのプレスで目立つも、

逆にプレー自体はパスミスばかりの千葉だった。

しかし今日はゴール前へ飛び込む動きも多く、

それで実際に得点になった、というのは一つおもしろい。


2点差をつけて安全に試合を運ぶ仙台だが、

菅井に加えて田村も脚を負傷、大事をとって斉藤と交代。

これで一柳・エリゼウ・広大の3バックへ移行。

さらに梁を温存させて田中を投入。

ただしゲームを作る人がいなくなり、

主導権を握れなくなったのもたしか。


この中でも守備陣は集中を切らさず、

相手にも主導権を握らせることなくしっかりと試合をクローズ。


引き分けが続いたが、昨年と違い3つで止められたのはよきかな。



次節はのってる相手、鳥栖。

その後の連戦で上位との対決が残っているだけに、

そこまでは連勝で向かっていきたいとこですな。



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。