スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第26節 仙台×草津

仙台 1-1 草津


ミッドウィークでの聖地復帰戦。

打ち合いの末にドロー決着。



ついに戻ってきた聖地・ユアスタ。

青々とした芝目。こんなにキレイな状態はいつ以来でしょう。

中二日の水曜開催でさえなければ

すばらしい試合展開も見れたのだろうか。



立ち上がりは仙台ペース。

中島がスピードと競りの強さでライン裏を抜け出す展開を多く作る。

中島の早いチェックから、
無人のゴールを狙った梁のシュートはDFの神クリアに防がれた。


さらにゴール正面付近でのFK。
梁がこれを直接狙うが、右バーにはじかれる。


その後徐々に草津が守備ラインを整備。

中盤のプレスも激しくなり、

仙台のボールが前線へ繋がらなくなる。


そしてサイドバックまでも攻撃参加させる草津の攻撃が牙をむき始める。

ポストだけではなく、ドリブルも多用する草津に対して、

仙台守備は後手後手の対応。

時間が経つごとにスペースを広げられてしまい、

前半終了間際には決定機まで作られてしまう。


広大の顔クリアがなければ嫌な時間の失点を生んでいたが、

まぁ結果として防げた守備陣はすばらしかった。

そもそもカウンターのピンチを作った田村は反省せよ。


後半、ファーストチャンスは仙台。
中島が左サイドを突破し、中央へ折り返す。
関口がドンピシャで合わせたが、ボールはポストすぐ右を抜ける。


これがキーとなったか。

DF裏を狙われたロングボール一本で失点。


後半1分、センターライン手前から熊林がロングフィード。
都倉がボールを受け止めてエリゼウにあっさりと競り勝ち、
左足アウトサイドでゴールを決める。


ここで監督は2枚替えを選択。

平瀬に代えて中原、斉藤に代えて富田。

中原は守備にも多く走り試合の流れを呼び込んだが、

富田は逆にバックパスばかりの印象しか残らなかったのが残念。


しばらくはこのシステム変更が奏功して、

人数を割いた攻撃でチャンスを作るが

シュートまではなかなか打ち切れない。


しかし後半20分過ぎ、中央を突破しかけたところでファウルを得る。

エリア直前で得たFK、キッカーはもちろん梁。
そしてこれを完璧なキックで沈めるキャプテン!
百発五十中は堅いな。


これで流れは仙台のもの。

だがそれも長くは続かない。

バックパスの多用や、無理な守備ラインでの繋ぎを奪われて、

自ら流れを放棄したように見えた。


さらに"忍者"西山を入れて相手守備をかき回しにかかるが、

ドリブルやパスがあと一歩通じず、無念のドロー決着となった。



この試合で仙台はシュートを16本打ったが、

個人的にはそんなに撃ったかな?という印象を受ける。

ワンタッチパスでシュートを撃ちやすい味方に落とすのもいいけれど、

強引なシュートを狙う選手が出てきていいと思うのだが。

そういう点で中島、ソアレスは光っていると思うし、

セレッソ戦はノーゴールだったがあの時の梁も良かった。

なんにしてももっと強引さが欲しい、そう思った試合でした。


失点シーンはエリゼウが弱点を露呈してしまった形か。

他チームは絶対あの形を狙ってくるのだから、今後対策は必要である。

ずいぶん前から言われていたようにも思うけれど…。


残念な出来だった平瀬と富田、

そして攻めにおいての田村もしっかり対応してもらいたい。

ああそういえば林も~

といまいちな出来な選手は多かったかもしれない。

しかし夏場完璧なコンディションで試合できるはずはないのだから、

最低限自分のプレーで仕事はしてもらいたい。


いやほんと今が大事な時期なんですって!



次節は再びユアスタ、富山戦です。

ここはもう絶対勝利しかない試合。

できれば現地で応援したいと思います。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。