スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第22節 仙台×東京V

仙台 2-2 東京V

退屈な60分と白熱の35分。


仙台は朴が再び足首を痛めて欠場。

代わりにはヴェルディ出身の一柳が入る。


ヴェルディはキャプテン・服部が今季初出場。



試合はいきなり仙台のチャンスで始まる。
平瀬のポストからソアレスが右サイドを駆け上がり、
DFを外したクロスに梁が合わせるも枠外へ。

しかしヴェルディも直後に決定機。
ロングボールに完全に抜け出した大黒のシュート。
これは林が飛び出して体に当てて防いだ。

やり返す仙台。
CKから広大がどフリーでヘディングするも、
バーに当たって跳ね返された。


そこからはヴェルディの支配するゲームに。

河野・レアンドロ・平本が仙台のドイスボランチにガツガツいくため、

斉藤・永井の良いところが消されてしまう。

そうなると前線でのキープができるかどうかなのだが、

今日は平瀬もソアレスもしっかり収める仕事はできていなかった。



前半は守備が我慢して無失点。

後半巻き返したいところだが、

前半と同じようにヴェルディ優勢で試合が進む。


後半17分、怪我から復帰の中島が交代で入った直後、

痛恨の先制点を相手に献上。

右サイドから攻め入った河野のパスを大黒がワンタッチで逸らす。
エアーポケットが生まれたところに柴崎が飛び込んで鋭いシュート。
GK林はわずかに手が届かずゴールイン。


これでようやく目が覚めた仙台。

パススピードを上げて相手を崩しにかかる。


そしてあっさり追いつく。

後半21分、右サイド菅井から前の梁へのパスが通る。
梁のクロスは服部にリフレクトしてふんわり中央へ。
上がったボールをニアサイドで平瀬がヘディング。
これがほんとにあっさりとゴールイン。

純粋に平瀬がDF富澤に競り勝って得たゴール。

とても意外な感じがしませんか?w


同点に追いつくも集中できない仙台。再び失点を許す。

後半23分、ヴェルディ右サイドからのCK。
那須川のキックに合わせたのは土屋。
林の手の下を抜けてゴールの中へ。

土屋のマーカー・一柳が外され、
エリゼウはボールにかぶってしまっていた。



平瀬に代えて中原、

スタミナ切れ・怪我が怖い永井に代えて千葉。

前線に中原・中島が構えることで、

長いボールに対してポストすることができるようになってくる。

徐々に相手を押し込むことに成功し、

エリア内にボールを入れる回数も増えてきた。


そしてCKから再び同点に追いつく。

後半34分、左サイドで得たCK。
梁のキックに広大がマークを受けながらもダイビングヘッド。
今日ここまで3回合わせていたコンビがここで結果を出した。



ここから最も白熱した15分に突入。

退屈な時間を過ごした分の決定機が、

この時間帯に束になって両チームに襲いかかる。

どういうチャンスがあったか覚えきれないほどの決定機の連続。

最後は両エース、梁・大黒が走れないほど消耗し、

痛みわけのドローで試合が終了。



ヴェルディもここのところ好調のチーム。

下手すると負けかねなかった試合ですが、

最後はなんとか引き分けにまで持ち込んで、

時間さえあれば逆転も、という試合を仙台はしてくれました。


他の上位チームの試合はまだ終わってませんが、

まず負けなかったことは評価できる結果でしょう。



次節は水曜、栃木戦。

相手は連敗中の相手だけに、しっかり勝ち点3を得たいところです。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。