スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第21節 福岡×仙台

福岡 1-0 仙台


勝てる試合ではなかったかもしれないが、
負ける試合でもなかった。


仙台は連勝中なこともあって大幅なメンバー変更なし。
朴が怪我のため田村が左SBのスタメン。

福岡はウェリントンにソアレスのマークをさせた。
この対策がうまくいったのか、
手倉森監督のソアレスへのアドバイスが足を引っ張ったか。
いつものような"野獣っぽさ"はなりをひそめる。


前半は両チームともシュートをあまり撃てない展開。

福岡は高橋のゴールで先制したかに見えたが、

その前に大久保のファウルを取って取り消された。

仙台は決定機を作れず後半へ。


後半開始から、徐々に仙台が押し込めるようになってくる。

ここで点を取りたい仙台は、

エリゼウを前線に残したまま攻めを続ける。

しかし失点はその隙を付かれて生まれた。

後半15分、田村が中央へのパスを失敗して福岡の攻撃に。
エリゼウが前に残ったままなのを受けて、
一気に前線へ開くと人数は2対2の状況を作る。
山形が右サイドで相手を引き付けたのを見て、
ボールホルダーの大久保は左を駆け上がってくる岡本へラストパス。
岡本はGK林の位置を良く見て柔らかいシュート。
これが決まって福岡先制。


この失点で一気に攻めに出る仙台。

それでも福岡守備は集中を切らずに対応。

奪ったらシンプルなカウンターで逆に仙台守備を脅かす。

形成は完全に逆転した。


仙台は平瀬に代えて中原。

ここでひとつ決定機。

中原とソアレスが絡み、梁がサイドからクロス。

中央で中原が頭で押し込むだけだったのだが、ボールは右へ逸れてしまう。


さらに仙台は4-3-3にシステム変更。

富田の浮き球パスから関口のシュートは吉田の手をはじいてバー直撃。

チャンスは多く作るのだが、

クロスは精度を欠くとともに、エリア内では人数の少なさが目立った。


最後は福岡からボールを奪えずに試合をクローズされ、連勝ストップ。

昨年も同じ時期に、同じように苦しんでいた福岡に負けたなぁ…。


そして昨年はこの辺りから夏場の暑さに苦しめられたのだ。

今日の試合はそこまで悲観すべき内容ではない。

次節にしっかり勝ち点3を取れるのであれば何も問題はない。
(甲府の足元はずいぶん近くから聞こえるんだろうけど…


サーレスが加入するかどうかは分からないが、

今日のように守られると苦しい展開でFWの駒が増えるのは助かる。


まあ今節は忘れましょう。

気にする敗戦ではないのです。

気にするべきはどちらかというとソアレスに対する監督の要求…。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。