スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014J1第5節 仙台×甲府

仙台 1-1 甲府


怪我から復帰した主将・角田で先制するも、
後半に攻め手なく追い付かれてドロー。

試合後サポーターを見渡したアーノルド監督は何を思ったのか?



ホーム・仙台は、ここまで1分3敗で勝ち点1。
今節は第1節以来に主将・角田が、ウイルソンも3節以来のスタメン出場。
逆に大宮戦で負傷退場した菅井が欠場して石川大徳が代役を務める。
右サイドではマグリンチィが太田に代わって先発出場。
そして何より変わったのは柳沢の先発により、2トップでスタートすること。
仙台として原点回帰ともいえる一戦となった。


アウェイ・甲府は、ここまで1勝2分1敗で勝ち点5。
第1節で鹿島に0-4と大敗したが、
その後はナビスコ杯を含めて4戦負けなし。
さらに前節は首位マリノスを止めるホームでの勝利。
上り調子となる今節だが、GK岡が負傷による欠場、代役はおなじみの荻。



仙台サポーターは「電光石火」で選手を迎え入れた。
THE BLUE HEARTSのメロディで歌い上げられるおなじみのチャント。
チームがうまくいっていない現状を、なんとか盛り返そうとするサポーター。
この声は確かにチームに響いたはずだ。


試合開始から仙台は、繋ぐのが無理なときは後ろから簡単に放り込む。
ウイルソン、または柳沢が競り合ったこぼれ球に、
またどちらかがチャレンジすることができる。

これまでは繋ぎのなかでミスが出て、奪われたらカウンターの悪循環の繰り返しだっただけに、
巧者のしたたかさを少し取り戻してきた感があった。
(手倉森監督時代の好成績はこの部分が非常に洗練されていたように思います)


守備では角田、富田による守りのフィルターがうまくかかっていて、
裏抜けの動き出しをする中央の柳沢、サイドのウイルソンへの有効な攻撃へと繋がる。

シュートを撃ち切る場面はそれほど多くなかったが、
右をマグリンチィ→角田→石川大徳から戻してマグリンチィのクロスから梁のシュート、
石川大徳が奪ってマグリンチィのスルーパスからウイルソンの突進など、
得点に繋がりそうなプレーは今シーズンで一番。

そして待ちかねていた先制点は、やはりこの男が奪った。


前半36分、ハーフウェイライン少し左側でボールを受けた柳沢が、
一度左サイドへ当てるようなそぶりを見せつつターンで突破。
そのままエリア内まで単独突破をかけるも、甲府DF青山がゴールラインへクリア。
これで得たCK、梁のキックは低めの弾道でニアサイド角田の頭へピッタリ。
速さのあるヘディングシュートが突き刺さって、今期初となるリードを奪った。


先制後はやや甲府ペースで進む。
イージーなボールほど仙台DFがクリアしきれず、
結局ピンチを招いてしまう場面が見られた。

前半最大のピンチは前半42分。
甲府MF阿部の左サイドでのFKから、
関がパンチングする前に甲府FWクリスティアーノに触れられ、
クロスバーへリフレクトした後のボールを甲府FW河本にシュートされた場面。
ジャンピングボレーはゴールを大きく越えたが、
リードを失いかねない大きなピンチであった。


リードを守って前半終了。
もちろん内容も今期で一番の内容。


迎えた後半、徐々に雲行きが怪しくなっていく。

まず右サイドでスタメン出場のマグリンチィ、
ボールが足に付かない場面や、競り合いで追いつけずに警告もののプレーが出てくる。
前半は左サイドにも顔を出していたが、後半は石川大徳を含めて右サイドが停滞。
後半15分で太田を投入し、走れる右サイドの再構築を目指す。

そして怪我明けの影響か、角田が動けない場面が目立ち始める。
徐々に中盤を支配されるが、ぎりぎり甲府のミスに助けられている状態。
中盤の完全支配を見越した甲府・城福監督は、2枚替えを選択。
FW河本に替えてFWジウシーニョ、FW石原に替えてFW盛田とし、
盛田をトップに、すぐ後ろをクリスティアーノとジウシーニョとし、
両ブラジル人が機動力で中盤をかき回す。

さらに城福監督の最後の一手は、甲府ボランチの新井に替えてMF水野を投入。
本職はFWであるジウシーニョを中盤で使う采配、
そしてこれが当たってしまった。


水野の高精度のクロス、ロングスロー。
前半から脅威だったクリスティアーノの突破力。
こぼれ球をうまく抑えるジウシーニョ。

消耗に消耗を重ねた仙台守備陣。
後半29分、仙台ペナルティエリア左外で
石川直樹がクリスティアーノの切り返しを後ろから止めてしまう。
もちろん結果はファウルで、石川直樹には警告が与えられる。

直前にウイルソンが甲府のペナルティエリア内で倒されたように見える場面があり、
その場面ではウイルソンのシミュレーションとされていた。
(テレビで見ると、ちょうどジウシーニョが当該場面と重なってしまったため、個人的にはどちらとも判断できません)

これもあってか、スタジアムの雰囲気は一気に変わった。
どちらかに点が入りそうな、試合が動きそうな、そういう雰囲気へ。

そして甲府はこのFKをものにしました。
甲府MF福田が入れ、甲府DF青山がファーサイドで一度合わせたボールが、
角田にリフレクトしたところをもう一度青山がボレーシュート。
関は反応できず、あまりにもあっさりとした同点劇。


その後も甲府の攻撃を防ぐことで手一杯の仙台。
前線の動きは止まり、後方はクリスティアーノを止められない。

チームから再び一体感が消え、そのまま試合は終了。


サポーターからは一度まばらなブーイングがありましたが、
その後は大きな仙台コール、そして監督へのコールがありました。

試合後、アーノルド監督はピッチ内に入り、
選手たちからは離れていましたが、一緒にサポーターを見渡していました。

何かあるのでは、と思いましたが、
ここまでのところそのようなアナウンスもありません。



まだ暗いトンネルの中、でも個人的には光が見えた気もしています。

このトンネルを出た時が、ベガルタというチームが生まれ変わった時なのでしょう。

それを辛抱強く待つ日々です。

サポーターとは難儀な生き物です。



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。