スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014J1第3節 仙台×G大阪

仙台 0-0 G大阪


仙台は集中を切らさず硬い守りで、ガンバをシュート1本に封じ込める。
攻撃は精度を欠いて得点を奪えずも、今後に期待できる試合内容。


前節鹿島に完敗した仙台。
スタメンこそ変更ないものの、修正を施していた。

2列目の中央に武藤を置いて、ウイルソンとは縦関係の擬似2トップ。
梁は昨年までと同様、左サイドを中心に攻撃を司る。

中盤の底は前節同様、鎌田と富田。
古巣ガンバ相手となる武井・佐々木はベンチスタート。

オーストラリア人GKヴコヴィッチが今節から出場可能となり、ベンチ入り。
ただしスタメンの座はここまで問題ないプレーを見せている関が譲らない。



試合はこれまでのガンバ戦とは異なる展開となった。

整備された仙台守備が、ガンバのボール回しにしっかりと対応。
ポスト役の佐藤を潰し続け、ガンバの攻撃を機能不全に陥らせた。

攻撃ではトップ下・武藤効果がありありと見ることができた。
武藤はスタートポジションが中央になったことで、
得意のドリブルはゴールへ、右へ、左へとどの方向にも"突っかける"。
ガンバとしては中央に特に気を使う必要が生まれ、同時にサイドにはスペースが生まれる。

このサイドのスペースを有効活用したい仙台だったが、
今日はラストパスの精度を悉く欠いていた。
ここまで作っておいて、というところで最後の仕上げの失敗。
応援する側はむず痒く感じます。

とはいえチャンスはやってきます。
前半はウイルソンのFK、後半には富田の切り返しからの左足ミドルシュート。
フィードを武藤→梁ボレー、こぼれからさらに武藤もGK東口の好セーブ。

攻めておきながら決めきれないでいると、
サッカーの神様はよくコインを裏返すものですが、
今日は水も漏らさぬ仙台守備が最後まで集中していました。
結果としてガンバをシュート1本に抑えこむ守備には、
今まで通りの硬い守備が思い浮かびます。

同様に、得点を奪えないのは昨年からの課題。
主力に定着しつつある武藤・二見が停滞感からの突破口。
気持ちを見せるプレーはサポーターに元に間違いなく届いています。

ここ2試合でおとなしめだった菅井もバランスを考慮しつつ攻撃参加。
これまでの主力選手もアーニーベガルタで新たな良さを見せられるか。


シーズン開幕の3試合で勝ち点1は決して合格点ではありません。
蓋し、試合を経るごとにチームは新たな色を手に入れていきます。
今期初の勝ち点3を得るのは、もはやすぐそこ。



・ウイルソン
新たな相棒・武藤とはドリブル突破が武器であるという共通点。
今期は相手が引いた状態でドリブルを仕掛けねばならない機会が多く、
突破の失敗が直接ピンチにつながっています。
周りも自分も活かすような崩しが、チームとして必要な気がします。


・武藤
彼の可能性、可用性を期待させる出来。
最後まで動き続けられることが、いつか結果に結びつくはず。


・鎌田
前節の失敗を払拭する絶妙のポジショニング。
時にはサイドまで攻撃参加し、チーム全体をコンパクトに保つ。
キャンプ終盤から続いていた、後半の間延びを抑えて無失点の守備に大貢献。



次節はナビスコ杯清水戦を挟んで、アウェイで大宮と対戦。
大宮は今節川崎との打ち合いを制した。
これまでお得意様にしていた相手に、これまで通りの"結果"を出すことができるか。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。