スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014J1第2節 鹿島×仙台

鹿島 2-0 仙台


宮城出身・鹿島MF遠藤の2得点に沈む。
仙台は攻撃のスピード感を欠く。


開幕で新潟に敗戦のアーニーベガルタ。
負傷した角田に代わって中盤を務めるのはDF鎌田。
昨年序盤に引き続きのスクランブル体制。
5日の日×新代表戦に出場したマグリンチィは、ベンチスタート。
代わりはキャンプで好調だった武藤が左サイド。

鹿島は昨年~今年で一気にスタメンが若返った。
DFに昌子・伊東、MF柴崎はもとより土居・豊川と、
高・ユース卒から数年で名門鹿島のスタメンを飾っている。


試合は鹿島が支配する展開。
後方からのボールを扱う技術、前線ではダヴィの力強いポストプレー。
守備では中盤からのプレッシングで、仙台のミスを誘う。
仙台を前半の半ばまでシュート0に抑えた。

仙台は初戦に続き、攻撃が形にならない。
1トップのウイルソンには常にマークが付きまとい、
得意の前を向いてのドリブルの機会を得ることが出来ない。

DFとしてはパス出しに期待できる鎌田だが、
周りの動き出しのなさからかバックパスを量産。
結果として攻撃にスピード感・迫力が薄れてしまった。

鹿島ペースのまま進んだ前半30分、ダヴィの抜け出しから失点。
鹿島右サイドで遠藤のパスで抜けだしたダヴィ。
豊川が中央からニアサイドに仙台DFを引っ張り、
逆に遠藤が右サイドから斜めに中央へ侵入。
ダヴィのグラウンダーパスは豊川がスルーして遠藤の足元へピタリ。
遠藤は冷静なトラップでGK関の逆を付いた。

失点後もイマイチ盛り上がる攻撃を繰り出せない仙台。
前半唯一といえるチャンスは、跳ね返されたクロスをただ裏へ放り込んだボール。
ウイルソンが絶妙のトラップで収めるも、左足シュートは曽ヶ端にセーブされた。


仙台は追いかける後半。
鹿島はギアを下げてカウンターに徹する。
仙台からすればプレスは緩くなったため、後方~中盤の底ではボールを持つことができる展開。
しかし前半同様、前線への縦パスが出ない!出さない!下げる!
鹿島の我慢に仙台も付き合ってしまっているのか、
ダイナミックな攻め合いはお互いに見ることが出来ない。

後半26分、ついに仙台ベンチが重い腰を上げる。
太田に代えてマグリンチィを投入、右サイドへ。
これが結果として効果的な交代となった。
マグリンチィは代表戦の疲れも見せず、
もらう動き、もらってもえぐる動きで鹿島DFを混乱させる。
右に負けじと左サイドも活性化。
前半以上に武藤がフェイントを織り交ぜて切り込む。

空気が変わったと見るや、富田に代えて赤嶺を入れ、2トップに変更。
梁が中盤の底で両サイドに配給することで、
鹿島DFをさらに押し下げ、仙台のイケイケペースに。
惜しむらくはクロスの精度とエリア内の人数。
クロスは上がれどエリア内でシュートを撃てない。

じりじりと時間は過ぎていき、ロングキックの展開も増える。
広大を前線に上げ、菅井は得点の匂いを嗅ぎとってウィングのような位置へ。
しかし試合巧者鹿島はこの展開を待っていた。

後半45分、仙台DFの数が揃わないことを見るや、鹿島はロングキックを左サイドのダヴィへ。
石川とダヴィの追いかけっことなるが、石川のスライディングより一瞬早くダヴィが触れ、仙台右サイドを突破。
二見が遅れまいとコースを消すが、ダヴィは体ごと突破。
深い位置からファーサイドへクロス、ボールは中央の野沢を越えて、再び遠藤の元へ。
利き足ではない右足でのボレーシュートにGK関は体を当てることで精一杯。
仙台の息の根を止める2点目。勝負はここで決した。


鹿島は開幕戦に続き無失点。
ここぞの場面で失点を許さないのは鹿島イズムが若手にも浸透している証拠。
攻撃ではセットプレーのみでの4得点から、ダヴィ→遠藤へのクロスで2得点。
固め打ちですね…。


仙台は開幕に引き続き?攻撃に迫力を欠いた。
しかしマグリンチィ投入後の時間は見ていてワクワクする展開ともなった。
4-5-1で挑んだ開幕2戦、どちらも攻撃に課題を残しつつの2連敗。
長期政権からの監督交代は難しいとはいえ、まだチームとして色が決まっていないようです。
我慢してまだ見ていくのか、それとも…。


・ウイルソン
1トップが合わない、というより敵を背負ってのプレーが不得手か。
マークを背負ったままサイドに流れても、単独及び複数での突破に繋げられず。
見ていて窮屈そうですし、何より彼自身面白くなさそうなのが心配。
ぜひ前を向いて突進するような従来のプレーを見たいのですが…。


・梁
ウイルソンが下がる、またはサイドへ流れて空いたスペースへの侵入は、
オシムさんの言葉を使えば、オートマチックで良し。
ただし体格的に相手に勝るわけではない梁にその役目を単独でさせるのは不可思議。
後方からボールが来なくても我慢して下がらずにいたが、
結果として中盤の底からバックパスが増えた一因にも思える。
トップ下での板挟みよりも、サイドまたはパス出し役が合うような気も。

・マグリンチィ
20分の出場でもチームMVP、そう思わせるプレー。
開幕戦とは異なり、右サイドで途中出場。
停滞していた攻撃をまずはオフザボールの動きで活性化。
ボールを受けてはドリブルでカットイン・えぐってクロス。
終盤のチャンスのほとんどに絡んでいた。
見た目とプレー、どこかしら天敵:マルシオ・リシャルデスを思わせる。


次はホームでガンバ大阪戦。
ボールが持たれる展開と予想しますが、
今度こそは鋭く速い攻撃でカウンターを仕掛けてほしいところです。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。