スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014J1第1節 仙台×新潟

仙台 1-2 新潟

今年のJが開幕!、でしたがガス欠で開幕戦を落とす…。

前半は快調に守備→攻撃が機能。
ただ、攻撃を終わり切ることは少なく。
決めきれないでいるうちに角田のハンドからPKで失点。

追いかける後半、幸運な間接FKのこぼれから太田の右パスにエリア内の富田がボレー。
「うまく合わせたな」というシュートがファーに突き刺さって同点!

ただしそこから仙台がガス欠に陥る。
マグリンチィと太田が消え、ウイルソンがサイドに流れ始めたところで赤嶺投入。
4-4-2へのシステム変更後も流れは戻せず。

バイタルがスキマだらけになったところで更なる不運。
どこで痛めていたか、角田がふくらはぎ筋肉系の故障。
代役の武井は調整不足か動きが悪い。

決勝点は縦パスをははたかれたところからホージェル・ガウーショの突進→ミドル。
人を見るのか、スペースを見るのか、相手を誰が見るのか。
2年前どころか昨年もあまり見ることがなかったほどの守備の穴。

最後は攻めきることすらできず新潟に逃げ切られる。
ユアスタには新潟勝利のチャントが響きました。

ネガティブになってはいけない!
と自分に言い聞かせつつ、何人かの選手評。

・GK関
J1デビュー戦となったが問題ないプレー。
足元にも自信がありそうで、中距離のパスも前線に通していた。
失点はPKとスーパーミドルでしょうがないとはいえ、守備の修正にはコーチングが不可欠。

・DF二見
仙台において新人がJ1開幕スタメンは初。
攻撃面ではロングスローはもちろん、前半のマグリンチィとの連携からえぐったプレーは迫力十分。
守備面では複数回パスミスからカウンターを許すなど、まだまだこれからな感も。
蜂須賀のように我慢して育てていける年となるかはチーム次第か。

・MFマグリンチィ
万能型MF。相手にとって危険なパスは少なかったが、トラップ、ドリブルはさすが現役代表。
オフザボールの動きも良く、どんなチームでも活かせそうな選手。
とはいえ途中交代前は存在感が希薄に。
エリア内のドリブルシュートが決まっていれば…。

・MF角田
今年のキャプテン。
レオ・シルバとのバトルは見てるこちらも熱くさせます。
前半二見ロングスローから1点もののチャンスを逃したのは残念。
故障後だったのかもしれないが、バイタルエリアを自由にさせすぎた。
結果としてハンドと彼の不在が失点に絡んでしまった。

・FWウイルソン
絶対的エースFW。とはいえワントップシステムは彼を活かせるのか。
今日は珍しく前半のうちから冷静ではなかった。
中でポストプレーをにせよ、サイドから切れ込むにせよ、
彼の周りをフォローする選手が少なすぎるため、個人プレーから奪われる展開が多々。
見てるこっちは個人プレーですが、彼にとってはフォロー不足だったかも。
新潟がそれを狙っていたのかな。

・新潟FW川又
日本代表でのプレーも期待される選手。
新潟にとっては守備のセットプレーから味方と衝突?orジャンプの着地?で右膝を負傷して途中交代。
重症でないことを祈ります。マイケル・ジェームズも。

負傷者なしのキャンプから、第1節でキャプテンが負傷交代。
攻撃は攻めきれず、守備はガス欠からボロボロ。

とはいえシーズンはこれから。
あれがこうならいいのにな、それが現実になったころに結果が付いてくるかと思います。
付いてくるよね?頼むよアーニー。
スポンサーサイト

tag : NINJA ANALYZE --> ">type="text/javascript"> // (function(d) {

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。