スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月14日、勝利キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!

雨時々くもり。


7時15分起床。
「ああ昨夜もブログ更新できんかった…」
という軽い鬱状態から一日が始まる。

今日のお仕事は、
・もろもろ文書受付
・検診の打ち合わせ
・配布用検体の仕分け
でした。

久々に残業でした。ちょびっと。
まぁ残務処理といえるだろう。
袋の口がもちっと緩く縛ってあったら、
もっと早く帰れた気がするが…(#^ω^)

部活しないで帰宅。
体の節々が悲鳴を上げていたのでした。
あと先輩が日本を応援するためとっとと帰るって言ってた。
試合は11時からですが、
きっと4時間くらいかけて祈るんですね!w

ワールドカップデイリーハイライトを視聴。
おもしろいなこれ~。
エイミーもサッカー語らせなければおもしろいw

デンマーク×オランダ、日本×カメルーンをTV観戦。
勝利キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


・サッカー

日本、W杯初戦のカメルーン戦に勝利!

カメルーンがボロボロだったとはいえ、
日本の選手は個人個人の仕事をしっかりやりきった。
他国開催のW杯での初めての勝利!


日本は本田をワントップに据えた、0トップシステム。
序盤こそ相手選手のジャンプに競り負けていたが、
徐々に相手より先に落下点へ移動することで、
単純な体の強さでボールをキープし始めた。

松井が右サイドに入り、アッスーエコトとの対決姿勢。
珍しくトラップミスが多かったが、
ここぞの場面でのテクニックは黒人選手に効いた。

前半39分、日本の先制点はこの二人から。
右サイドでボールを受けた松井が、
右足でクロスを上げると見せかけてからの切り返し。
左足で上げたクロスは、
中央に位置した大久保を越え、DF二人を越え、
ファーサイドの本田のもとへ。
本田はトラップして時間がかかったようにも見えたが、
冷静なシュートでニアサイドを打ち抜いた。

前半序盤はカメルーン選手に引っかかっていた攻撃も、
前半の終わりには本田のキープ→松井・大久保のドリブルと、
遠藤の気の利いた間合いで優勢に試合を進めた。


後半、大方の予想通りカメルーンが攻めに転じる。
始まってすぐにCKの連続ピンチとなるが、
中澤・闘莉王は簡単には競り負けない。
さらにクロスボールに対しては阿部がよく体を投げ出した。

エトーの独力突破からピンチとなった後半4分の場面も、
幸運なシュートミスで事なきを得た。


反撃したい日本だが、
カウンターを恐れてか長谷部・阿部の位置が低かった。
その分駒野・長友が攻め上がる必要があったが、
カメルーンの両サイドの選手は特にスピードがあり、
なかなかサイドからの速い攻撃は仕掛けられない。

そこで松井に代えて岡崎を投入。
岡崎を左、大久保を右に張らせるだけではなく、
守備時にはDFライン付近まで戻らせるという、
"超守備戦術"で逃げ切りを図る。

その後消耗の見えた大久保に代えて、矢野を入れる。
この戦術ではバッチリの選手、
まあ今日の彼自身の出来は今ひとつでしたが…。

終盤、ムビアの強烈なミドルはバーに助けられ、
ウェボのヘディングも川島がナイスセーブ。

運も重なった"実力通り"の試合で日本が勝利を収めた!


現実的な布陣でいって、
監督自身4試合目にしてのW杯初勝利。
岡崎と矢野に守備をさせつつも、
本田は中央でロングボールを納める仕事を徹底してやらせた。

この現実的な戦術でどこまでいけるだろう。
次はオランダ戦、実力以上を出さないとコテンパン間違いなし。

でもまぁ、水曜くらいまではこの勝利を祝っててもいいでしょう!
いや~熱くなりましたw
次も熱くなれる試合をよろしく。



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。