スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第18節 水戸×仙台

水戸 0-5 仙台


水戸がシステム変更で自滅。

決定機をしっかり決めた仙台が快勝。



水戸はFC東京よりレンタルで加入した下田をいきなり起用、

それも本職ではない3バックの中央。

いきなり4バックから3バックへのシステム変更で、

守備の仕方があやふやになったことがこの点差の要因。



試合はあっさりと仙台が先制。
前半4分すぎ、左サイドで得たFK・キッカーは梁。
ニアサイドを狙ったボールに、
DFの間にいたソアレスが右足アウトで逸らしてゴールイン。

このところのってきている点取り屋の得点がショーの始まり。



直後から水戸が攻める機会が増えるが、

PAまで攻め入れさせることなく守ることに成功。

水戸の前半シュートは一本と、

ボールを持たれた割には怖くない、という印象。


そして相手が攻め急いだとこで効果を発揮する仙台のカウンター。
後半31分、永井からのボールをソアレスがワンタッチで左サイドへ。
笠松競技場の芝ではボールが走ることもあって、
スピードあるボールに梁が追いついてエリアに侵入。
クロスではなく下田との1対1を選択した梁、
しっかりその対決に勝利しGKと対面。
ここで冷静なキャプテン、ファーサイドで完全フリーの平瀬にクロス。
平瀬塾長のボレーシュートで追加点。


さらにさらに得点は続く。


後半ロスタイム。
エリゼウがDFラインでボールを受けると、
相手マーカーをドリブルで外してロングフィード。
速いボールに水戸DF大和田が目測を誤り、
裏へ抜け出たボールをソアレスが抜群のスピードでドリブル。
最後はGKまでかわしてシュート、3点目。



昨年、0-3から3-3にされた苦い経験のあるアウェイ水戸戦。

しかし今日はそれを繰り返さない。


水戸のチャンスで始まった後半もしっかり守備を締め、

またもカウンターチャンスから得点を得る。

後半8分、ボールを奪い梁は左サイドの平瀬へフィード。
平瀬は脇を抜けた朴へ落として、朴がスピードに乗ってサイド突破。
朴は中央へ方向を変え、サイドに流れた平瀬へはたく。
平瀬は寄ってきた2人のDFの間をピンポイントで通し、
ソアレスが触ったか触らずか分からないボールを最後は朴。
ダイレクトシュートでキレイなカウンターの完成。



その後も得点の匂いがプンプン。特にソアレスである。

梁からのワンタッチパスからのシュートはGKがよく触っていた。

その後もスピードで相手をかき回すも、

カードや怪我の心配をした監督は中原との交代を選択。

ハットトリック達成はならなかったが、

再びそのチャンスが来るのはそう遠くないはず。


そして中原。

今日のヘディングシュートはゴール方向へ飛ばなかったが、

その競り合いの強さはアシストするに十分。


後半30分、平瀬がPA左すぐ外でボールキープ。
フォローへ走る梁へ完璧なヒールパスを渡し、
梁のファーへのクロスを中原が折り返して、
最後は関口が中央でドッカン。



十分な点差となったところで平瀬に代えて千葉。

練習したというバルサシステムへ移行。

ただ残念だったのはすでに永井がスタミナ切れを起こしていたこと。

そのため永井に代えて西山を入れて梁を中盤に下げる。

形的にゴールから遠ざかった梁だが、

ゴール前へのチャレンジの回数はまったく減らず。

あの時間帯で関口・西山・梁が走り回るんだから相手にとっては嫌だろう。


気になったのはこの時間帯から仙台守備が不安になったこと。

システム変更で攻撃面はおもしろく感じたが

守備が危険になったのではよろしくない。

まあ判断を下すのも早すぎますが。



そんなこんなで5-0大勝。

試合内容は最高ではないのですが、

一瞬見せる牙の鋭さは最高でしたね。



次節はミッドウィーク・ホームで岡山戦。

順位が近い相手ではないだけに、

しっかり勝利して上二つにプレスかけていきたい。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。