スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第11節 仙台×名古屋

仙台 1-2 名古屋


勝ち切れない試合が続く仙台。

内容では前進した気がするものの、
最後はやっぱり個の力に押し切られる。



仙台は平瀬が今期初スタメン。

そしてその平瀬が前線に入った効果は抜群。

前線でタメができることで、
守備に戻った選手たちが前に上がる時間ができる。


中島の衛星の動きもなかなか。
本人も最近体がキレているようで、
前半は良い動きとシュートを見せた。

あとはゴールだけなんだけど…。


意外や意外に名古屋と互角あるいは優勢だった仙台も、
ひとつの判定でビハインドに。

前半37分、名古屋は右サイドから杉本がクロス。
クロスボールは一番危険なケネディを越えるも、
そのケネディにエリゼウがファウルしたとの判定。
倒れ方が上手かったのかなぁと見たが、
岡田主審は迷いなくイエローカードを提示したので、
何かの反則があったのは間違いないのか?

一度やり直しになったPKも、
ケネディが技ありに決めて名古屋が先制。


仙台も前半に追いつくことは叶わなかったが、
内容は悪くないどころかむしろ良かったと感じた。


後半の序盤は名古屋ペース。

ある意味で試合から浮いた存在・ブルザノビッチが怖い。


仙台は中島が疲れてきたか、動きに陰りが見えたところで
久々にフェルナンジーニョを入れる。

平瀬・フェル、共にタメが作れる選手の2トップ、
関口と粱が走り回り、
永井が意表を付くプレーを見せ、
両サイドも攻め上がって攻撃参加。

ゴールとまではいかないものの、
おもしろい攻撃が繋がる時間帯もあった。

惜しむらくはパスミスが多かったことでしょうか…。


名古屋も選手交代で流れを戻そうとするが、
怪我上がりで途中出場したマギヌンが
再び太ももを痛めて負傷退場。

千代反田を入れて逃げ切りを図ったが、
守備に偏ったところに仙台が襲いかかった。


後半39分、右サイドでフェル、田村と繋ぎ、
田村はマイナスのクロスで再びフェル。
フェルはまったくシュートコースのない状態から
得意の足に吸い付いたようなドリブル突破。
自分でコースを作った上で撃ったシュートは、
スピードこそないものの左ポストを叩いてゴールイン。



時間も、スタジアムの雰囲気も最高。

このままの流れなら勝ち点3も夢ではない…。


しかしそこをしっかり踏みにじる名古屋の強さ。

後半44分、ここぞとばかりに攻め上がって
エリア近くから出した闘莉王の右クロス。
ケネディにはエリゼウが付くが、
圧倒的な高さと強さをひるませることはできなかった。
絶妙なポイントに上がったクロスに対して、
力強く叩いたケネディのヘディングシュート、
ポストのギリギリ内側を通るすばらしいゴール。



与えられたロスタイムは5分あったが、
ベンチから睨みつけるピクシーの鋭い眼光に、
名古屋の選手たちが集中を切らすことはなかった。


今度はしっかり試合をクローズされて敗戦。

内容では上回ったかもしれないが、
能力の差が結果に出た試合となった。


ただ、前を向ける内容だったのではないでしょうか。

勝ち点こそ得られませんでしたが、
久々に見ることができた、"仙台のサッカー"。

今日のような試合を続け、
連携・スキル面でもJ1に慣れたとき、
結果は後から付いてくるはず。

今はチームの成長を見守る時間でしょう。



次節もホーム。
宮城スタジアムでの浦和戦。
今度こそ相性を覆す勝利を!


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。