スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第10節 FC東京×仙台

FC東京 0-0 仙台


かなりの劣勢となった試合。

数回の反撃も実らずスコアレスドロー。



前節で攻撃の停滞感が見えたか、
今節、仙台は中盤を二人入れ替えた。

富田に代わり永井。
中盤でタメを作れる選手が必要ということで。

太田に代わり関口。
関口は太田との先発争いを繰り広げている。



しかし試合序盤からペースを握ったのはFC東京。

平山というポストプレーヤーを有効に使って、
サイドプレーヤーが素早くサイドを駆け上がる。

中盤の選手のキープ力もレベルが高い。


ある意味この試合のハイライトとなるシーンは前半5分。

縦へのパスで一気に右サイドを駆け上がった石川。
低く速いクロスをリカルジーニョがニアでスルー。
ファーサイドに抜けたボールに対して、
平山は枠に蹴るだけのシュートだったが外してしまう。

仙台も苦しんでいるが、
FC東京も不調に陥っているのが見てとれる場面であった。


前半の流れはそのまま。

東京がおしい場面を作るも、
最後で決めきれないor林がセーブ。

対する仙台も奪ってから展開が出来ない。
縦に早い攻撃が影を潜め、攻めきれない。



後半最初のチャンスは仙台。

後半4分、梶山の低い位置でのキープを
中島が積極的に守備に走って奪うと、
その中島のシュートのこぼれ球を中原がシュート。
おしくも右ポストに嫌われてしまったが、
期待できるスタートを切った。


しかし先に疲れが出たのも仙台。

序盤から攻められ続けたことで、
上下動を繰り返したFW、
さらに中盤の選手が集中力を欠如してしまう。

奪ってもパスミス、
そしてショートカウンターを受ける悪循環。


悪い流れでも失点を許さなかったのは、
闘魂守備の最後の砦・林の活躍があったからこそ。

平山のポストから石川のシュートのシーン、
石川のクロスからファーサイドで長友が合わせたシーン、
数えればキリがないほどのピンチを止めてくれた。


その頑張りに応えたい攻撃陣も、
残り時間が僅かになってからの反撃は期待感があった。

関口、太田を高い位置に張らせてのカウンターアタック。

東京も消耗があってスペースが出来たこともあって、
仙台はこの時間になってようやく縦に早い攻撃が出る。

最後の精度を欠いてしまうが、
得点になりそうな匂いがしたのも確か。

平瀬の技が錆びてなさそうなのは次節以降期待できる。



最終的にスコアレスドロー。

内容に大きな差があった試合だけに、
勝ち点1だけでも取れたことは評価できる。

もちろん攻撃でおもしろくしてくれると、
もっともっと良いんですけれど…。

今が苦しい次期なので、
しっかり守って勝ち点を積み重ねていくしかない。

んで、次節は平瀬をスタートから使ってはどうでしょう?



その次節、9日はホームで名古屋戦。

相性の悪い相手だが、
ホームのサポーターへ納得のいくサッカーを見せて欲しい。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。