スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第9節 仙台×C大阪

仙台 1-1 C大阪


連敗は止めたもののなんとか拾った勝ち点1。

なかなか勝てないな…。



仙台は前節湘南戦からメンバー変更はなし。

セレッソはマルチネスが戻ってきた。



前半の序盤は圧倒的なセレッソペース。

左から香川・乾・家長の2列目が
テクニックを駆使しつつポジションチェンジ。

サイドで数的有利の状況を作って、
マーカーが寄ってくるとサイドを変えるパス。

常にノーマークの選手が出来て
セレッソはやりたい放題。

逆に仙台はやりたいようにやられてはいるが、
アドリアーノの飛び出しは水際で防ぐ。

いつ失点してもおかしくはない展開だが、
どうにかこうにか失点だけは許さない。



仙台の反撃は菅井の果敢な飛び出しから。

太田が右サイドから左へとダイナミックに動いて、
ボールを渡した粱からのクロスに
大外から菅井が得意の攻撃。

直前にDFにクリアされるも、
良い時の仙台の形が垣間見えた。


その後、中原のポストから太田・中島のボレーも、
GK、DFにそれぞれ防がれてしまうが、
得点の匂いは近くから感じた。



前半はイーブンのまま終了。

後半、再びセレッソの恐ろしい攻撃から。


家長のスルーパスに香川が抜け出すと、
ゴール左でフリーになったアドリアーノへパス。

アドリアーノはすぐに左脚では撃たず、
切り返して右足に持ち変える。

しかしそこは守護神・林、
切り返しを読みきってセーブ。



ピンチから始まった後半、
ここ2節先発の太田に代え、関口投入で反撃を開始する。

関口は前節に続いて途中出場で持ち味を発揮。

サイドでの1対1には必ず勝負を仕掛ける。


攻守がめまぐるしくおもしろい時間帯。

先制点は仙台に与えられる。
後半17分、CKから一度跳ね返されて、右からとなったCK。
粱のキックはDFに当たって中島へ。
中島は前を向けないが冷静に後ろへパス。
鎌田が大きく右足を振り抜くと、
シュート回転がかかったシュートが、
ゴール右上をまさに打ち抜いた!


鎌田がラッキボーイとなれば
チームの不調もすぐ抜け出せるはず!

しかしサポーターの笑顔も長くは続かない。



徐々に選手が疲弊し始め、ミスも多くなってくる。

特にボランチの千葉にパスミス・判断ミスが増えて、
チャンスが一気にピンチとなってしまう。

そしてやはりそこからほころびが出た。


後半29分、関口から千葉へのパスがずれ、
セレッソはカウンターのチャンス。
左へ開いた小松のクロスに、
アドリアーノが真ん中でしっかり触ってゴール。



仙台はフェルナンジーニョを入れて2点目を狙うが、
セレッソは既に試合をクローズしにかかっていた。

最終的スコアは1-1。


連敗からは脱したが、
チームの状況は良くはない。

ラッキーボーイの出現が、仙台は救うか。

そしてスタメンから外れた関口の活躍。

先発と控えの間の切磋琢磨が選手を成長させる。

今度は中盤の底でそういう動きがあるとおもしろい。



次節はアウェイでFC東京。

昨年天皇杯では快勝した相手だが、
もちろん相手はリベンジを狙ってくる。

チーム状況が悪いからこそ、
俺が決める!という強い気持ちが戦ってもらいたい。



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。