スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第4節 G大阪×仙台

G大阪 2-2 仙台


ガンバにとっては許されない、
仙台にとっては大きな大きな勝ち点1。



大方の予想通り、
前半はガンバがボールを持つ展開。

それにしても予想以上のガンバペース。

埋められない実力の差はあるけれど、
おそらくそれも仙台の作戦。

バックラインからの攻撃はひたすら蹴るだけ。

いつもはパスが回せないと粱が下がってくるが、
今日はそんなこともなく。

前半はガンバに攻めさせる、勝負は後半から。

結果としては無失点で前半を終えることに成功。



後半、やはり徐々にガンバが消耗してくる。

仙台はショートカウンターの形からチャンス。

フェルナンジーニョの守備と動きが効いてきた。



そして幸運にもPKを獲得。
後半9分、右から田村のクロス。
エリア内中央、フェルが橋本に後ろから押され、
審判は迷いなくペナルティスポットを指差す。
粱がきっちり決めて、試合は劣勢の仙台が先制。



失点するもガンバの流れは悪くない。

それでも仙台の守備は崩れない。

先に選手交代に動いたのは、ガンバ。

二川に代えて佐々木、
仙台サイドバックの裏を走らせる。

チョ・ジェジンに代えてゼ・カルロス、
得点の匂いがする選手。


仙台はバランスが崩れるのを恐れて、
選手交代に踏み切れない。

そのため、消耗は激しく、
相手をファウルでしか止められなくなってきた。


決定機でいえば仙台の方が多かったかもしれない。

しかし次の得点はガンバに生まれる。


後半33分、遠藤からのパスを橋本が受け、
振り向こうとしたところを富田が倒してしまう。
後半34分、PK職人・遠藤、しっかりと沈める。



勝ち点3が見えかけたところで
追いつかれてしまった仙台、一気にトーンダウン。

あっさりと勝ち越しを許す。


後半40分、右サイド加地からのクロス、
走りこみながら平井がシュート、
ボールはゴールネットを大きく揺らす。




やはりガンバ、勝ち点3なんか無理っすよ…。

試合を見ながらも、
目にちょっと涙が溜まってきました。

だが仙台の選手は諦めない。

そして、サッカーの魔物は結果に手を加えた。




後半45分、ロスタイムに入ろうとするところで、
仙台のCK・キッカーはフェル。
何人かの選手の頭を越えたところで、
ガンバDF山口が思いっきり手でボールを触ってしまう。

幸運、だが願ってもないチャンス。
粱は驚くほど冷静にPKを決めてみせた。



その後数回攻め合って試合終了。

ゲーム内容に差はあった。

それでもお互いに勝ち点は1ずつ。

強大な相手からも勝ち点を取る、
評価できる試合だったのではないでしょうか。



古巣相手ということで、
キャプテンマークを巻いたフェル。

今後もスタメンを飾るに間違いない出来。



途中から集中を欠いた富田。

一つ一つのプレーにスピードが出ると、
チームが前でボールを持つ時間は長くなる。




次戦はナビスコ杯第1節新潟戦。

若い選手、控えの選手を積極的に起用して、
選手層に厚みを持たせてもらいたいですね。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。