スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第49節・仙台×C大阪

仙台 1-0 C大阪


超劇的、震えが止まらないような試合展開で仙台が勝利。


試合はセレッソペースで始まる。

仙台ゴール前までボールを運んでくるも、
フリーでシュートを撃てた場面は小松のループの場面のみ。

前半の半ばから仙台の中盤が守備で安定し始めると、
セレッソは前線へボールを入れられなくなり、
仙台がカウンターで攻める展開に。

セレッソGKキムが安定しない中、
仙台は前半で3つの決定機を作るも決められず。

しかし内容では仙台に軍配か。


後半、セレッソは頭から香川を使ってくる。

カイオ・香川・乾という危険な三角形になった途端、
セレッソの攻めの速さが段違いに上がる。

そのまま仙台は守備に移行せざるをえず、
攻撃参加する人数も、早さも下がってしまい、
そのままセレッソの攻撃を跳ね返すのが精一杯となってしまう。


しかしそのセレッソにアクシデント。

仙台のCKの場面から富田が失ってセレッソのカウンター。

香川がボールを持って突破にかかるも、
関口が素早くチェックに戻ってつぶす。

右足甲の怪我をおして出場する香川、
このプレーで膝を痛めてしまう。

立ち上がってプレーを続けようとするも、
走ることはままならず途中交代。

セレッソはここにきて攻撃の大事なピースを失ってしまう。

西澤を入れて前線の活性を狙うも、
終盤訪れた酒本のチャンスも大きく蹴り上げてしまう。


対する仙台、セレッソの攻めを長い時間受け止めて、
カウンターのチャンスを伺う展開。

平瀬が早い時間で息切れするも、ソアレスを入れるタイミングを逸する。

後半26分、中島へ代えてソアレス、同33分に平瀬から永井へ。

しかしなかなか流れは来ない。

両サイドバックは乾と香川(黒木)を見なければならなかったので、
後ろの人数を気にしてリスクをかけた攻め上がりができない。

そして大事な試合ということのプレッシャー、
長い長い時間、守備に負われていたため、
選手全員が疲弊して動きも少なくなってしまう。

攻めながらも守備を気にしすぎている、
いうなれば引き分けでもありなんではないか
と感じてしまうような攻撃の拙さ。


そのまま時間は過ぎてロスタイム目安の4分も過ぎた。

これがラストプレーか、という右からの攻めから、
信じられないような先制点=決勝点が生まれる。


後半ロスタイム4分過ぎ。

右サイドで得たスローイン、永井が右サイド深くで受けたが、
スローワーの梁に戻すので精一杯。

梁が後方にいた千葉へボールを落とすと、
千葉はエリア内を一瞥してファーサイドへクロスを上げる。

ファーサイドにいたのは左SBの朴、ダイレクトでの折り返しのクロスは、
あまりに強烈過ぎて仙台の選手は触ってボールを後ろへそらすだけ。

ここで長い笛を吹かれなかったのが幸いだった。

ボールは再び千葉の元へ。

千葉はエリア内を見渡してからもう一度クロス。

セレッソDF前田の頭を越えたボールに、
ファーサイド、酒本のマークを外した朴が飛び込みどんぴしゃのヘディング。

ネットが揺れたのを見て、選手全員が、ベンチが、
そして19000人のうち金色のサポーターたちが飛び上がった。



そしてキックオフ直後に長い笛。

負けた方もまさか、勝ったこっちもまさか、という展開で勝利。


天王山を制し、残り2戦を残して首位に浮上。

ホームでの連勝は12にまで伸びた。


このまま優勝までノンストップ。

そういう未来しかありえないのではないですか…。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。