スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第42節 仙台×熊本

仙台 1-0 熊本


決定力の無さが心配だが、

試合を圧倒的に支配した仙台がホーム8連勝。



仙台はソアレスが出場停止。

不調で試合から遠ざかっていた中島が久々のスタメン。


試合は五分五分の展開でスタート。

熊本はDFラインを高く保ち、中盤で激しいプレッシング。

奪うとすぐにワイドな3トップを使って、

中盤の選手が上がって狭いスペースでのパスを多用する。


仙台は両サイドバックのほか、

梁・関口や千葉・富田もしっかり戻ってスペースを埋めて、

3トップへのパスをシャットアウト。

千葉・富田がしっかりと相手をマークするので、

中盤でのボールカットも増えていた。


逆に仙台の攻撃は、熊本の術中の中だったか。

相手が高いDFラインを敷いてきているので、ロングボールで一発を狙う。

しかし平瀬では抜け出してもスピードがなく、

中島とは出し手の息が合わない。

関口と梁が2列目からの飛び出しを見せてフィニッシュに絡むが、

危険なシュートを放つことは出来ず。


中島と平瀬が一回ずつチャンスを得るが決めきれない。

前半ドローもやむなしかと思った終了間際、これぞ良い時間帯でのゴール。


前半44分、左からのCK・キッカーは梁。
高く上がったボールは曲がりつつ急激に落ち、
ファーサイドの広大にドンピシャ、
ゴール内で熊本選手がボールに触れるが時既に遅し。

中島が熊本・山本へプレッシャーをかけ、
山本はそのままGKに寄ってしまい、
GK稲田がやりづらい状況を作ったのは個人的ナイスプレー。


ゴールすぐに前半が終了。

内容は100点ではないが、

結果として満点ともいえる前半の終わり方だった。


村林さんの(σ・∀・)σゲッツ!!に癒され後半。


そしていきなりのチャンス、平瀬が相手DFラインを越えるも、

スピードが上がらずシュートを撃つ前に追いつかれてつぶされてしまう。

しかしこのいきなりのチャンスが、

熊本のDFラインを下げる布石となる。


見るからに熊本のDFラインが前半より低い。

連動したプレッシングもDFとMFの距離が広がったことで、

仙台にパスを出せるスペースを与えてしまい効果は半減。

圧倒的な仙台ペースで後半が進む。


その仙台も決定機を多く作るが、それをものにすることができない。

徐々に攻め疲れのようになってくる。

そして反応が遅れてきた平瀬に代えて中原。

中原はいきなりFKからファーサイドで合わせるも、

シュートはおしくも右に外れた。


熊本は攻められない状況、後半19分にバクチに出る。

連続して3つの交代枠をフルに使うウイイレ交代。

これで一時は3トップに速さが戻り、

仙台にとっては危ない時間が続く。


仙台も疲れ以上に自信無さげだった中島に代えて

永井を中盤に入れて関口をFWの位置に上げる。

熊本はこの辺りからDFラインが元の高さに戻ったのだが、

中盤の攻撃意識の高さとスタミナ切れでまったくボールを奪えなくなる。


まだまだ元気な関口はドリブルと上下動で相手を翻弄。

梁もスタミナが切れることなく最後まで攻撃参加。

本当に数え切れない決定機があったが、

追加点が生まれることも無く…。


しかしリードは最後まで守りきり勝ち点3を得ることに成功。

第3クールは下位相手にどれだけ勝ち点を落とさないかが大事。

強い強いホームでしっかり勝ち点3を得たのは何より大きい。


これでホームで8連勝。

このままのペースで行けば…、

いえ何も言わないでいた方がいいんでしょうかw



次節はアウェイで富山戦。

お得意様の相手からしっかりと勝ち点3を得て、

セレッソを追いかけましょう!


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

癒されました、ゲッツに!

また、コメントしま~す。

相変わらず、うまくまとめての要約、フムフムと拝見してます。

私たち(家族)は年チケ組みで、ブランメル時代から観戦してます。
(先日は、スカパー観戦でした…で、ゲッツを目の当たりに)

観戦暦は長いんですが、サッカーの真の醍醐味を味わえていないんだなぁ~と、読みながら。

サッカーは、したことはありません。視点を養うには、何にかアドバイスはありませんか?

ここのところ、観戦しながらのもっぱらの会話は、関は伸び悩んでいるよね~?!です。
関が…、伸び悩んでいると感じている私たちだけなのでしょうか?

しかし、中島くんが不憫だと感じました。
萎縮している、そんな感じがにじみ出ているように感じます。
個人的には、体幹が下手に強いから、よさを消し自滅的に損をしているんじゃないか~と。

ともあれ、開花を待っているよ!と思う今日この頃です。


そういえば、今日は、ゴルフ場で平瀬、直樹、朴、梁etc.と、うちのじいちゃんが遭遇したそうです。平瀬が相手をしてくれたそうです。

平瀬は、体力的な衰えがあり、今のプレーススタイルだと理解しているんですが、間違ってないですよね?
若いときの断片の記憶では、フィジカルを前面に出すストライカーだったような…、バーモント!って。


文を書くって、すごいですね~。

これからも楽しく、のぞきますので、宜しくどうぞ。

「ら」ってどんな意味なんですか?

No title

noriさん>
なんという長文…。励みになります!

かくいう自分もサッカー経験はありません。
何試合も何試合もサッカーの試合を見る(観る)ようにしてたら
こんな文章書くようになっちゃってましたとさ…w

自分でも醍醐味を味わえてるかは分かりませんが、
ボールだけでなくその周りに注目してみたりするのがいいのかもしれません。
個人的には「あのプレーがあったからこうなったんだ」
っていう理由を探すのが好きですね~。

関口が伸び悩んでいる、
というのはなんとなく当たりで・なんとなくハズレな気がします。
攻撃に関しては未だ精度を欠いたり、
周りが見えていないプレーがあったりもしますが、
こと守備と運動量に関しては近年すごく成長しています。
時には最終ラインまで戻り、
そして次の場面では積極果敢に相手DFへ突き進んでいく、
先日の熊本戦を含め、ほとんどの試合で最後まで走っています。
常に走りっぱな彼ですから、
やはり最後の精度までは追いつかないのかもしれません。
しかしその部分でも成長したんであれば、
それはもう、すごい選手になっちゃうような気がします。

中島は2006年後半から長い不調ですね…。
点を取りまくっていた時期は、
ある意味野生動物のようなプレーだった気がするのですが、
最近は一瞬だけ光るものがチラ付く感じです。
以前は自分からボールを引き出して自分で勝負、の形でしたが、
チームスタイルが合わないのかなんなのか、
周りの選手を見すぎてしまうことが多いように思います。
熊本戦の前に監督が、「考えすぎるな」みたいなことを言ったようですが、
後半のトンネルといい、中原左足ミドルの場面といい、
考えすぎて反応(プレー)が遅れている。
もっと彼自信の"直感"を本人が評価するべきだと思います。
壁を破れるかは彼次第なのかどうなのか、
レンタルで環境を変えるのもありかと最近思っております…。

仙台はゴルフ部部員が増えてるようですねw
ベテラン勢を中心に流行しているようです。
いいなぁ~、じいちゃんいいな~。

平瀬は体力的な衰えが間違いなく出てきています。
プレースタイル的にサイドでボールを呼び込んで
老獪なポストからチャンスを作る、今のスタイルは彼に合ってます。
が、できればその後もゴール前で仕事をしてほしいですね。
最近はもっぱら下がってボールはたいてそれで終わり。
チーム全体が流動的なんでしょうがないのかもしれませんが、
やはり最後はゴール前に突っ込んできてもらいたいところです。


負けじと長文で対抗しましたw

どうぞお暇な時は顔をお出しください。


「ら」は2ちゃんねるのスレッド名ですw
移籍関連の情報を手に入れるのに重宝しています。
今の自分のサッカー観も、2ちゃんがなければありませんでした。
1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。