スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第40節 仙台×栃木

仙台 2-0 栃木

横綱サッカーで下位相手にしっかりと勝ち点3。


仙台は千葉が出場停止から復帰。

その他はいつものメンバー。


試合開始から栃木が運動量でもってボールを保持。

前線の崔が正確なポストプレー、

レオナルドはドリブルでサイドを問わずにかき回す。


仙台も守備のブロックを早く組み立てることで、

決定的なチャンスを相手に作らせない。


そしてCKから仙台が早い時間に先制。

前半10分左からのCK、キッカーは梁。
ニアサイドへ絶妙なボールを出すと、
ソアレスが高いジャンプで抜け出してヘディングシュート。
そらされたボールはGKとDFの頭を越えて、
右のゴールネットを内側から揺らす。


早い時間に先制点を得たことで、

仙台は焦ることなく守備から試合を始めることができる。

栃木も前線までボールが渡ればある程度のチャンスになるのだが、

ビルドアップでのミス、ライン付近でのミスが目立つ。


カウンターで追加点を狙う仙台は、

関口がドリブルで攻め上がる場面が多く、周りの選手のフォローも早い。

また多くの選手がミドルシュートやサイドチェンジを行う。

福岡戦からの反省がいかされているプレーが多く見られた。


序盤は仙台が攻めきる場面が多かったが、

前半の中盤~終盤は栃木ペースで試合が進む。

栃木のシュートミスもあったが、

仙台がしっかりと守備を締めて前半をリードして終える。


選手交代なしで迎えた後半。

再び早い時間で得点を取ることに成功。


後半3分、梁のスルーパスにソアレスが走りこむ。
ソアレスの前に栃木DFが二人カバーへ走るが、
入江がクリアしようと出した足に宮本がひっかかってしまい、
ソアレスがGKと1対1の状況に。
ソアレスは得意のGKをかわして無人のゴールへ蹴りこむ。


追いつきたい栃木だが、

前半見せていたような運動量は見ることができない。

前線までボールが渡る機会は減り、

レオナルドが中盤に下がってのドリブルも冷静に対応。

仙台がやりたいように試合を進められるようになってくる。


その仙台も関口の左から切り込むドリブルで、

数々のチャンスを作るが中央でのシュートが決まらない。

試合終わって25本ものシュートを撃ったが、

2得点だけというのは少しさびしい感じもする。


その後栃木にあったチャンスは、林がしっかり体に当てて防ぐ。

さらなる得点は最後までならなかったが、

しっかりと勝ち点3を得てライバルにプレッシャーをかけることに成功。


これでユアスタで今季負けなし、7連勝。

やはり現在のチームに必要な選手は千葉。

さらに選手が欠けることなく甲府との直接対決に臨めるのがでかい。

現状の好調なメンバーで大事な一戦に勝利しましょう!



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。