スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第15節 仙台×徳島

仙台 2-2 徳島

仙台の連勝が7でストップ。


怪我が心配されたエリゼウと菅井はスタメン出場。

負傷中の中島・朴に代わって、ソアレス・田村が先発。



試合開始と同時に徳島がコンパクトな中盤で流れを得る。

そして仙台が攻める間もなく、徳島に先制点。

前半3分、自陣深くで関口がボールをクリアしようとするも、
後ろ向きで受けたためか、不運にもゴールラインを割って徳島のCKへ。
そのCK、徳重のキックしたボールは、
エリゼウのマークを振り切った羽地の頭にドンピシャ。
仙台にとっては信じられない早さで失点。


しかし連勝中で試合の流れを読めている仙台。

攻守の切り替えを早くして、中盤を奪い返す。

そしてあっさりと同点弾が生まれる。


前半16分、広大からのフィードを平瀬が後ろへ逸らす。
ソアレスが絶妙のタイミングでDFの裏へ飛び出し、
ワンフェイクでGKを崩し、最後は冷静にゴールへ蹴りこんだ。


しかし直後、平瀬も故障で田中と交代。怪我人が多すぎる…。

そして今節のスタメンを争った2人のFWコンビとなった。

ソアレスが馬力あるスピードを見せれば、

田中も足元のうまさで良いところを見せた。


仙台は相手DFへ積極的にプレスをかけることで、

中盤へ繋がせる前にパスミスさせることに成功。

徐々に試合の流れは仙台に行くも、

徳島もカウンターで再びリードを奪わんとする攻め合い。


そして前半終了間際、リードを得たのは仙台だった。

前半41分、相手DFに当たったクリアボールを千葉が豪快にキック。
ミートしなかったボールに(w)、うまい具合にバックスピンがかかり、
ゴール右でフリーになっていた田中の元へ。
田中はゴール前を冷静に把握して、飛び込んでくる梁にラストパス。
梁がダイレクトでのシュートを蹴りこんで逆転弾。


ある意味最高の形で試合をひっくり返した仙台。

後半追加点を取ってあとは試合を締める、という展開を祈ったのだが…。


後半のチャンスをモノにできないでいる内に、

徐々に危険を増していく徳島の攻撃。というか徳重。

徳島のゴールのほとんどに関係している徳重を防げないと、

こうなってしまうことは目に見えていた。


後半16分、徳島の攻撃で仙台DFが押し込まれる。
攻撃参加した青山の浮かせたボールに、
ゴール左で徳重がわずかに触ってボールを逸らす。
そしてFW佐藤がラインぎりぎりで飛び出してゴールを沈める。

横から見たら実はオフサイドだったのかもしれないが、

あれだけDFラインを深い位置に釘付けされた時点で勝負有りか。


お互いに残りの時間を攻め合うも、両GKの好守もあって得点はならず。

さすがに複数失点だと勝利することは難しい。。。



連勝は止まりましたが、

切り替えてどんどん勝ち点を積み上げていくしかないですね。

順位は今のところ気にせず…、でも暫定2位ですね…w



次節はアウェイ・愛媛戦。

苦手なイメージの四国勢が続きますね…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。