スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第37節 東京V×仙台

東京V 0-2 仙台


前半で退場者を出すも、

内容で上回った仙台がアウェイで完勝。


両チームとも前節からメンバーを入れ替えた。

仙台は中島⇔サーレス、永井⇔富田、菅井⇔田村と、
ヴェルディユース出身者が2人スタメンに戻ってきた。

対するヴェルディは大黒、柴崎がベンチ外。
GKも土肥から高木にチェンジで馬場が初スタメン。
勝てない試合が続く苦しいヴェルディ。


試合は前半風上の仙台が押す展開。

ヴェルディの守備ブロックがまったく構成されず、

前線の選手の頭を越えてしまえばチャンスが作り放題。

サーレスと平瀬が相手ボランチをしっかりチェックすることで、

ヴェルディはビルドアップでミスを連発。

仙台が優位に試合を進める。


しかしその優位はFWの退場で傾きかける。

肘打ちで一枚イエローをもらっていたサーレスが、

前半終了間際に前線からの守備で二枚目を食らってしまう。

このプレーだけではカードが出るプレーではないが、

GKへのファウル等の合わせ技一本という感じか。


流れをヴェルディに持っていかれかけるも、

前半は無失点で折り返すことに成功。


後半開始時で選手交代はなし。

仙台は形を変えず4-4-1システム。

平瀬がワントップを張るが、

どうしても前線の数が足りなくなってしまう。

ボランチの二人も攻め上がるのだが、

エリア内の数はやはり足りないように感じる。


これに対する答えをキャプテンが示す。

後半14分、左サイドから中央を通り右サイドの関口へボールが渡る。
関口は再び近づいてきた梁へパス。
梁はパスを出すように見せかけて切り返してDF間をドリブル突破。
完全に裏へ抜け出すと速く低いクロスを中央へ。
DF土屋がクリアにかかるも、速度が速いことあってオウンゴールに。


人数が相手より足りない場合、

1対1、またそれ以上の相手を自分に引き付けることが大事。

キャプテンのこのプレーを受けて、

関口の輝きが増す。

カウンターからのドリブルで幾度となく単機突破。

土屋とのマッチアップはお互いにイエローをもらい合うほど熱かった。


平瀬に代えて中原が入り、俄然得点の匂いが高まる仙台。

ヴェルディがファウルで仙台を止め始めたことで

セットプレーの場面が増えてくる。

そして千葉が左からFKを蹴ったところでPKを得る。


後半26分、朴が倒されて得たFKのチャンス。
千葉が左から上げたクロスは中原が飛び込むことなくGKがキャッチ。
しかし岡田審判は前半の退場劇から両チームを厳しい目で見ていた。
富澤が中原のユニフォームを掴んでジャンプを防いでいたのも、
その目にしっかりと見られていた。
富澤にイエロー、そして仙台にPKが与えられる。

キッカーはファウルを得た中原。
のっている男がこれを外すわけもなく、
大きい大きい追加点が仙台に入った。


ヴェルディの守備陣の足が完全に止まったため、

関口がサイドを引っ掻き回し続ける。

関口→梁→中原のキレイな攻撃は決まらなかったのが残念であった。


終盤、ボールを放り込んできたヴェルディに決定機を3度作られるも、

守護神・林がスーパーセーブを連発。


斉藤さんが久しぶりの出場を果たし、

父親になったばかりの一柳も守備堅めで出場。

試合をしっかりとクローズし、

大きな勝利を掴むことに成功した。



3位湘南・4位甲府が引き分け、

この2チームとの勝ち点差を2とした。

首位との差も1のまま。

常に首位を狙える位置にいるのは、

モチベーションを考えても悪いことではない。


今後も出場停止等で出れない選手は出てくるかもしれないが、

田村・富田・斉藤が戻ってきたのが大きい。

第3クールは監督も言うように総力戦であるのだから。



次節はホームで岡山戦。

中位以下のクラブ相手にはしっかり勝ち点3を得ることが大事。

そうなってくれば上位直接対決はドローでもいいのだから。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。