スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第35節 湘南×仙台

湘南 1-1 仙台


第3クール初戦でいきなりの2位3位対決。

お互いが堅い試合をしてドロー決着。


湘南は今季途中加入のリンコンがスタメン。

4-3-3にシステムを戻してスタート。


対する仙台は出場が危ぶまれたサーレスと朴が先発。

スタメンは前節と変わらない11人。



試合序盤は湘南が仙台エリアに攻め込む。

しかし仙台もしっかり侵入してくる選手を見えていたので、

マークにしっかり付いて対応。

臼井と坂本にあわやの場面を作られるが、

永井とエリゼウが体を寄せてシュートの精度を欠かせた。


そして徐々に仙台の攻撃時間が増えてくる。

永井がリンクマンとしての役割をしっかり果たし、

関口が左右に運動量豊富に走り回ることで、

サーレス・梁がボールに触れる回数が増える。

中島もところどころに顔を出すのだが、

消える場面が多かったのが残念。


攻める時間はお互いけっこうあったのだが、

シュートは前半終わって湘南4 - 3仙台と、

守備選手がそれぞれ持ち味を見せていた。



後半、先制したのは湘南。

上位の試合は守備選手の一回のミスから得点を奪われる。

58分、寺川のバックヘッドをエリゼウがクリアミス。
後ろを向いてのクリアだったためか、
飛距離が出ずに寺川に拾われてしまう。
寺川はダイレクトでDF裏への柔らかいパス、
阿部がスピードを上げて一気にGKと1対1の状況を作り、
豪快なシュートをネットに突き刺した。


先制された仙台は攻撃の早さを全体的に上げる。

62分、湘南はアシストしたベテラン・寺川が交代。

スタミナ切れだったかコンディションの関係だったか、

この交代は仙台にとってありがたいものとなる。


同62分、仙台が同点に追いつく。

梁がスルーパスを受けて深い位置にまで進行。
DFラインを引き付けておいて朴へボールを下げる。
朴は中原の位置をしっかり見極めてクロス。
中原は田村に完全に競り勝って叩きつけるヘディング、
ポストぎりぎりを抜けたすばらしいゴール。


途中出場の中原が湘南戦で再び活躍。

ジョーカーとしての中原の存在感は増すばかり。


その後はほとんど仙台の攻め。

78分の中島が落として千葉のミドルはおしくもバーを越え、

85分の梁のフリーキックはおしくも右に外れ、

富田とソアレスを入れてシステムをとっかえひっかえするも、

湘南のゴールラインを割ることはかなわず。


上位直接対決はドローで決着。

セレッソが負け、甲府が勝ったことで勝ち点1差の中に4チームがひしめく。

まだまだ4チームでの昇格争いを楽しめそうですなw


次節はホームで岐阜戦。

今季ユアスタではまだ負けなし、

しっかり勝ち点3を得たいところ。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。