スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第34節 徳島×仙台

徳島 0-1 仙台


キャプテンのゴールでアウェイの連敗を止める。

上位陣が足踏みをした中での貴重な一勝。



出場が危ぶまれたサーレスだが、遠征帯同どころか先発出場。

前節と変わらず中島と2トップを組む。


試合開始後から徳島ペースで試合が進む。

仙台DFの裏を狙った徳島がチャンスを作るも、

シュートシーンはそこまで多くない。

林が羽地を倒してイエローカードの場面はヒヤヒヤものだったが。


仙台はサーレスの調子が上がらない中、

中島が体の強さでボールを収める。

さらに関口の位置取りが高く、ボールに絡む場面も多く見られた。

梁を加えたこの3人で流れからの点を得る。


前半28分、仙台の攻めをストップして攻めに出たい徳島。
しかし関口と中島が連携してボールをカット。
右サイドを関口が持ち上がって左の中島へパス。
中島も一度ゴール方向へ視線を向けつつ、
中央を上がってきた梁へパス。
梁のダイレクトで撃ったシュートは、
徳島DFをかすり、逆をつかれたGKの手の先を越えてゴールイン。


その後は仙台が徳島を押し込むも、

中島の技ありシュートはGKにはじかれる等

決定機までは作れない。


するとサーレスが負傷で途中交代。

中原が前半からの途中出場となる。


前半ラストプレーで関口のクロスが三木に当たり、

脳震盪を起こしてしまうハプニングもあったが

三木は無事に後半出場で事なきを得る。


その後半、徳島の攻めをカットして仙台が攻める展開となるが、

どうしてもシュートは枠に行かず。

徳島が前線の駒を変えてプレッシャーをかけてくると、

不可解な判定から大ピンチに。


後半34分、徳島の右サイドからのFK。
徳重が蹴ったボールがペナルティエリアに入るところで謎の笛。
菅井が相手を引っ張ったとしてイエローカードを提示される。
マークのファウルであれば事前に注意があるはず、
競り合いでのファウルならばPKになるはず、
まったくわけ分からない家本主審の判定である。

そしてエリアぎりぎり外でのFK、キッカーは徳重。
壁の間を越える強烈なボールだったが、
林が抜群の反応でこれを死守。

失点しそうな雰囲気がしたが、
それを許さないすばらしい守護神だ。



そして中島、中原、広大とおしいシュートは決まらなかったが、

相手のパワープレーにもエリゼウと広大中心にしっかり対応。

9試合ぶりとなる完封で、2位浮上で第2クールを終える。



サーレスの離脱は痛いが、

勝つべきときに勝てた、という結果を出せたのが何よりも大きい。



次節は第3クール初戦、アウェイでの湘南戦。

ライバルを直接対決で下して波に乗っていきたいところだ。



↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。