スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第32節 横浜FC×仙台

横浜FC 1-0 仙台


チームが自ら苦しみにいったような敗戦。


メンバーは週末限定の永井が外れ、

朴の出場停止が明け、ベストメンバーといえる陣容が整った。


しかし試合はまたも序盤の失点癖に見舞われる。

前半5分、横浜FCが左サイドで得たFK。
小野のキックは速度が高くゴールへ向かうナイスボール。
エリゼウの前にポジションを取った難波が頭でそらし、
あっさりとした形で横浜FCが先制。


熊本戦後守備を中心に練習を如いたが、

悪い時はどうしても続いてしまうものなのだろう。


その後も横浜FCに良い形が続く。

夏に加入したFW安がサイドでボールを収め、

味方の攻め上がりを促す。

まるで仙台の平瀬・サーレスのような働き。

安定したポストプレーが横浜FCの攻めを率いた。


対する仙台はまったく攻めの形ができず。

横浜FCの守備が体を張ってボールを繋げさせなかったのもあるが、

それよりも今日は仙台の中盤がひどすぎた。

ボランチがまったく前を向いてプレーできないため、

サイドを通った攻めしか選択できない。

ボランチは安定してボールを散らすことができず、

サイドチェンジは一発で狙えばミス、短く繋げばプレスの中。

コンビプレーもなければ、自ら攻めを考えることさえ放棄した。


守備は徐々に修正が効き、

前半半ば頃からは仙台がボールを持って攻撃を始められる展開。

それでも攻撃のリズムはまったく上がらず、

一本調子のまま試合を流していく。


チャンスになりそうな攻めは

サーレスが相手ボールを奪ったり、

相手側がビルドアップをミスした時だけ。

リアクションサッカーが悪いとは言わないが、

それをするならするなりの頭の柔らかさがないと始まらない。


後半も同じ調子で試合終了まで流してしまった。

自分たちのベストのときの戦い方に固執し、

ただただ無理な攻めを繰り返す。

なぜマーカーが二人付いている味方にパスを出し、

あげく、そのフォローに行きさえもしないのだろう。

横浜FCとしてはただただ守りやすい試合だった。

仙台は同じことしかしないのだから。


反撃という反撃もできないまま、

そのまま試合は終わってしまった。


決まりきった戦い方の限界、

同じメンバーで戦ってきた限界か。

既にJ2全チームのスカウティングで

仮想仙台の形が出来上がっているようだ。

その仮想通りの動きしかできないチームでは

勝てる試合が少なくなるのも道理だ。


今シーズン、エリア内でシュートを撃つ回数がどれだけ少ないか。

セットプレーでない得点パターンが欲しいんです。


これで上位4チーム唯一の敗戦、再び昇格圏外にはじき出された。

思い切ったことをしないと、

このままズルズル行きそうな恐怖があります。


次節はホームで愛媛戦。

苦手な相手ではあるけれども、

もうそんなことも言ってられない。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。