スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第31節 仙台×熊本

仙台 3-2 熊本


現地観戦でした。


前半3分にクロスから中央でマークがずれて失点。

そして藤田を中心とした熊本のパスサッカーに翻弄される。

攻撃は相手のプレスを嫌がりに嫌がってバックパスを連発。
いざ攻撃しようとしてもスペースは既になし。


この悪循環から脱出させたのはサーレスだった!

相手のバックパスを最後まで追い回し、GKのクリアミスを落ち着いて押し込んで同点。


掴んだ流れは離さない。

右からのCK、梁のキックにエリゼウが完璧に合わせ勝ち越し!


前半は2‐1で折り返す。


後半開始直後、いい流れから得たCKを今度はファーサイドで平瀬がヘディング。

突き放すゴールも生まれて、流れは完全に仙台に傾く。


サーレスが相手を追い回し、平瀬はポストとワンタッチに安定感。梁と関口が高い位置でパス交換をし、最後はシュートを撃つ。

ダメ押し点も近いかと思った仙台だが、選手交代が流れを変えてしまう。

サーレスに代わって中原投入。

湘南戦のヒーローに再び出番を与える。


しかしサーレスのような安定したポストはできず、

またDFへの寄せも甘く、流れは前半の悪い時間帯のような状態に戻ってしまう。

そして中盤のマークがルーズになったところでミドルシュートから失点。


再び突き放す得点がほしい仙台だが、中原に渡ってくるチャンスはことごとく枠に飛ばない。

中盤の選手は疲弊し、マークが甘くなる度に熊本はチャンスを作ってくる。

仙台は中盤の選手を増やし、最後は関口を降ろして田村投入で逃げ切りをはかる。


あわやの場面も作られるが、最後までなんとか守り切って勝ち点3を得ることに成功。

仙台は暫定ながら首位におどりでた。


今日は中盤のマークが甘くなることでピンチを作ってしまったが、
サーレスが相手DFへしっかり寄せられたときは藤田へのパスの精度が落ち、仙台ペースの時間を作れた。

前線からの守備で流れを仙台に持ってきた、サーレスがMOMで間違いなし。

中原はシュートの精度もだが、この点についても反省してもらいたい。


なんにしても苦手な夏場で勝利して4位から首位に浮上。

明日には何位になるかも分からない今年のJ2。

内容は伴わなくても、勝ち点3を得ることがどれだけ大事か再確認した試合だった。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。