スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第1節 広島×仙台

広島 0-0 仙台


多くの選手補強で躍進が期待できる今期の仙台。

初戦はチャンスを決めきれずドロー。


仙台のスタメンは
GK林
DF菅井・・鎌田・朴
MF高橋・角田・関口・梁
FWマルキ・赤嶺

新加入の、角田、マルキがスタメン出場。



前半は広島に対し互角以上の展開

ファーストプレイこそ広島に攻められるものの、
中盤のプレスが機能し始めると徐々に仙台ペースに。

人に強い角田と、攻撃参加が得意の高橋で組む中盤の底が攻守に効いてる。

広島のパスサッカーが活きてくる前にボールを奪い、
攻めては高橋の縦パスをマルキと赤嶺が料理する。


残念だったのは審判の判定が一貫していなかったこと。

DFラインは繋ぐだけでなく一気に赤嶺を狙う場面もあるが、
主審はことごとく競り合いをファウルの判定。

だけでなくカードを頂戴してしまった黄嶺、
本気でのぶつかり合いは危険と、
体の使い方に若干?の心苦しさを感じていたようだ。


マルキーニョスは足元の技術の正確さと
献身的なチェックでチャンスをつくるが、
周りの選手との連携はいまいちか。

まだ個人でのプレーが目立っていた。



前半の決定的場面は2つ。


マルキが抜けだしてGKと1対1の場面。

後ろから来た広島DFを1人はかわすが
2人目で自分の足をひっかけてしまった。

GK西川が絶妙の飛び出しでボールキャッチ。


もうひとつは菅井の右からのクロス。

ファーサイドで赤嶺がヘディングシュートも、
GK西川が右手1本でのフィスティング。

CKに逃れられてしまった。


2トップがそれぞれ見せ場を作るも、
GK西川の好守にゴールを割れない。


前半半ばまで沈黙していた広島も、
徐々に仙台のプレスを突破し始める。

そうなると両サイドに開いたミキッチ・山岸。

特に広島右サイドのミキッチは細かいドリブルで翻弄。

関口との1対1を制し、
マイナス気味に上げたクロスの場面は前半で一番危ないシーンだった。


結果的にどちらにも入らない先制点。

J1の他会場もすべて同じく沈黙していたが…。



後半、まるで昨シーズンのように広島に攻められる

プレスに行くも、かわされて、最後はサイドで数的不利な状況に。

仙台も昨年同様、中央の強さでクロスを跳ね返し続けるも、
こぼれたところから撃たれるシュートはいつは枠に飛んできそうだ。


カウンターを狙う仙台、
昨年以上のスピードでもって抜け出しを狙う。

幸運なことに相手のパスミスが低い位置でたびたび起こり、
それを奪って攻める、という形も3度ほどあったが、
決定的場面までには繋げず。


梁と関口が埋もれたか、2トップにボールは渡るも、
仙台が誇るMF二人はあまり攻撃に絡めなかった。


決定的といえる場面はのヘッドで。

後半24分、GKが触れない絶妙なCKから、
のヘディングシュートは、不運にも広島・山岸に当たり、
ゴール右に外れてしまった。


両チームともゴール前での大きなミスがなく。

そのままお互いにゴールを得ることはならなかった。



仙台はチームとしてはなかなかの仕上がり。

ボランチの組み合わせ次第で
いろいろなカラーになりそうです。


新加入ではないけれど光っていたのは高橋。

昨年が嘘のようなプレーっぷり。

これはこのままスタメンを掴みそうだ。


逆にちょっと心配になったのは梁・関口。

周りの選手の技術が上がったことで、
この二人の技術がちょっと目立たなくなっただけか?



なんにせよ始まってしまった2011シーズン。

仙台の躍進を期待します。




↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

スポーツ広場
スポンサーサイト
1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。