スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第50節 徳島×仙台

徳島 0-4 仙台


徳島にほとんど攻撃をさせず、仙台が4得点の完勝。


仙台のメンバーは、
新型インフルエンザ発症の中島と、
急性胃炎となってしまった菅井の二人が欠場。
同じくインフルエンザで欠場の一柳がサブから外れる。

欠場選手の代わりに入ったのは、
久々先発の田村、今週調子を上げていたソアレス。
サブには三澤と戦力外通告を受けた木谷。


対する徳島は今期での引退を表明したミスター徳島・片岡がスタメン。
同じく今期で引退する高桑もベンチに入った。



試合はいきなり徳島のチャンスから。
エリゼウがバックパスをミスしてしまい徳島のCK。
徳重のキックからキム、さらにプッシュを狙うがわずか左へ。

時間が経つにつれ落ち着きを取り戻す仙台。
ソアレスのスピード、
平瀬のポスト力を使ったシンプルなサッカーで先制。


前半24分、DFラインからのフィードを受けて平瀬がソアレスへ流す。
ソアレスの前に徳島・三木が体を入れるも、
あっさりとソアレスもボールも離してしまい、ボールはソアレスへ。
ソアレスは登尾のマークを受けつつもGKの位置を見たループシュート。
GK上野の手の先を越えて、ゴール中央へ突き刺さる。


あまりにもあっさりと入ってしまった先制点。

ゴールゲッターとはこういう人だ。


その後徳島は片岡がシュートに持ち込む場面があったが、
梁が守備に戻ってブロック、
2列目の選手がここまで戻ってくるのが仙台のサッカー。


前半終わって、後半。

早い時間で徳島は2枚同時交代。

交代でピッチを離れる片岡は涙を流していた。


しかし徳島は後半に入ってまったく攻めを作れなくなる。

ソアレス・平瀬の第1チェック、
梁・関口・富田の第2チェック、
それを越えても千葉と富田がサンドして中央への楔を防ぐ。
サイドからのクロスはエリゼウと広大が跳ね返す。

そして奪われれば超速のカウンターで反撃。

仙台のやりたいサッカーが発揮された後半となった。


そしてFKから追加点。

後半18分、右サイドでのFK・キッカーは梁。
中央でフリーとなった千葉が完璧に合わせてゴール。
マーカーのペスンジンがニアのソアレスにつられて、
千葉を離してしまったのが要因。
相手のミスは見逃さない、それが大事。


3点目も相手のミスから。

後半24分、徳島・倉貫がもたついていたところを梁が奪う。
左サイドからエリアへ突進するソアレスへパスすると、
ソアレスはDFを一人かわしてシュート。
GKが一度はじくも、こぼれ球を拾った関口が押し込んで3点目。


そして4点目もあっさりストライカー。
ソアレスが左から持ち込んでシュートも、DFに当たって中央の中原へ。
中原は軽いリフティングから強烈な左足。
これもDFに当たるが、そのままエリア内へ侵入したソアレスの元へ。
ソアレスは飛び出してきたGKを外してしっかりとシュートを決める。


あとは攻め急ぐことなく守備をしっかり。

時間はあっという間に流れて試合終了。


再びセレッソを抜き返して、あと1節を残して首位に。

こうなれば最終節もホーム連勝を伸ばしての、優勝しかありません。

試合後のセレモニーにも注目したい、最終節。

サポ自のチケットは、もうありません…。 。・゚・(ノД`)・゚・。


↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
1日1回押してくだされ
プロフィール

tohru

Author:tohru
地方公務員LV.5

ベガルタサポーターです。

右膝の前十字靭帯とは昨年秋にサヨナラしました。

皆様のコメントで元気が出るタイプの人間です。

気が向いた時にブログ更新してます。

連絡先
tohru_0814
アットマークhotmail.co.jp
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。